無料ブログはココログ

« 小松市う川古代桜 | トップページ | チューリップ »

2020年4月12日 (日)

白山市鶴来の樹木公園の桜

今年の桜巡りもいよいよ終盤に近付いてきた。今年の桜は例年より早く3月下旬に咲き始めたが、その後それほど暖かい日も続かず大風も吹かなかったせいで、各地の桜も長く咲き続けていてようやく散り始めているようだ。

樹木公園は家よりも山の方にあり標高も少し高いので平地よりも花の時期は遅いだろうと思い出かけたが、着いてみるとソメイヨシノはほぼ満開で枝垂れ桜がまだ蕾が多い状態だった。樹木公園は県の林業試験場の一部でもあり研究施設なので桜の種類は140種と多くまだ開花時期でない八重桜などもたくさんある。桜の木は全部で900本あるそうで、研究施設への登り坂の両側は桜の大木のトンネルが出来ていた。
P4062505P4062508  
P4062497P4062495  

斜面には春の妖精と言われるカタクリも赤紫色の花を咲かせていた。
P4062515P4062513  

 

帰り道に手取川の堤防に植えられた桜並木がきれいだったので、車を堤防上の道に乗り入れて、山々をバックに咲き誇るちょっと色の濃い目の桜を写真に撮ってきた。
P4062532P4062541

P4062538P4062535  
 

 

 

« 小松市う川古代桜 | トップページ | チューリップ »

桜紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小松市う川古代桜 | トップページ | チューリップ »