無料ブログはココログ

« 木場潟秋の気配 | トップページ | 地元神社の秋祭り »

2020年9月17日 (木)

DIY ガレージミラーの設置

市内を横断する幹線道路の工事が何年も前から進められていて完成も間近なのだが、最後の難関が町内を通る箇所になっている。立ち退きが必要だったこともあり工事が遅れていたが、ラストスパートのためか幹線道路の一部を数か月間全面通行止めにして急ピッチで工事が進んでいる。

しかし幹線道路が一部通行止めになっているため、迂回路として我が家の前の道路に通過車両が流れてきて最近は我が家の前の道路の交通量が増えている上、幹線道路を通過するようなスピードを出している車も少なくない。先日も車庫から車を出そうとしてヒヤっとする思いをした。

車庫は左側はオープンなのだが右側は冬の風や雪を遮るために折版で壁にしてある。そのため右側からくる車が全然見えず、運転席がら右側が見えるまでソロリソロリと前進して確認している。

このままではいつか事故になりそうなので、車庫の中からでも右側からの車を確認できるようにガレージミラーを付けることにした。ホームセンターへ行きとりあえず角形の20センチ×30センチくらいのミラーを買ってきたが、問題はどうやって設置するかだ。

最初は車庫の入り口上の鉄骨に付けようかと思ったが仮付けしてみると位置が高すぎて運転席から見えないのでダメだった。

Dsc06367

次に右側の壁の外側にあるブロックにポールを立ててミラーを取り付けることを考えたが角度的に見づらい。おまけにブロックに穴をあけていたらブロックが割れてしまい修復が必要になって散々だった。

Dscpdc_0000_burst20200915091213842

最終的にはフェンス用のコンクリート基礎ブロックを買ってきてこれにポールを立てミラーを取り付けることにした。ポールに直接取り付けるとミラーが車庫に近づき過ぎて角度的に見づらくなるので、ミラーがなるべく車庫から離れるようにポールにL字金具を取り付けてミラーが車庫から離れるようにした。コンクリート基礎ブロックもできるだけ外側に設置できるようにセメントで底面の土台を作った。
Dsc_1259Dsc06371  

Dsc06374

車庫側の車の運転席からの見え具合はまずまずのようだ。
Dsc06372                   Dsc06373   

でもミラーの過信は良くないので最後は自分の目で安全確認してから出る必要がある。

« 木場潟秋の気配 | トップページ | 地元神社の秋祭り »

日々の生活」カテゴリの記事

コメント

お~

あるあるですね
道路工事のために車が増えて 事故の可能性が上がる

事故対策のために余計な作業が必要になりますね

器用なので 自分で工事されますが ほかの方々だったら業者に頼むのでしょうか

事故の無いことが一番です

ガレージミラーの設置のような工事を請けてくれるような業者ってありますかね。
街中でも時々設置している家を見かけますが大概DIYでしたようなものばかりです。

調査や見え方の確認など手間暇がかかる割に工事費としてはそれほど請求できないので業者さんにとってはあまりおいしい仕事ではないですね。

結局自分でやるしかないのではと思います。

風でひっくり返っても困るし、近所の子供が触ってケガしてくれても困るしいろいろと気を使います。

それでも出庫時の事故が防げれば一番良いですね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 木場潟秋の気配 | トップページ | 地元神社の秋祭り »