無料ブログはココログ

« 真夏の木場潟 | トップページ | 朝顔のグリーンカーテン »

2021年7月31日 (土)

ココログ記事のWordPressによるバックアップ

ココログでブログを書き始めてから早いもので10年が経った。これまでに投稿した記事数は2000件超となりアップした写真も8000枚以上になった。これだけ書き綴ってくると、駄文、拙文であっても私にとっては大切な財産になる。

ココログなどのブログサービスは私企業が行っている事業なので採算性が悪くなると他企業へ身売りされたり、最悪の場合は突然サービス提供が終了して閉鎖されてしまうことがある。実際にこれまでにもいくつものブログサービスが採算悪化を理由にサービス終了してきたし、ココログ自体も当初の企業から現在の企業へ経営権が移っている。

ココログについても今後永続的にサービスが提供されていく保証はないわけで、もしサービスが終了になった場合、新たなブログ投稿ができなくなるのは止むを得ないが、これまでに書き溜めた記事が突然全部消去されてしまう事態だけはなんとか避けたい。

このような事態を避ける方法としては記事をココログとは別の場所にバックアップ保存することが必要であり、これまでも自分のパソコンに保存する方法をいくつか試してきたが、単純に記事は保存出来ても過去記事の検索が出来なかったりで、活用できるようにはならなかった。やっぱり記事や写真を保存するだけでなく、ココログを使うような環境を自分のパソコンの中に再現してその中に記事や写真をコピーしてくる必要がありそうだ。

そこでネットでいろいろ調べてみると、自分のパソコンのハードディスク上に、「WordPress」というブログを管理するソフトウエアをインストールして設定し、ココログの記事や写真をインポートすることで、自分のパソコン上でココログと同等のブログ環境が作れるという記事を見付けた。かなり上級者コースの方法のようで最初はちんぷんかんぷんだったが、Google検索を駆使して調べながら少しずつ理解できるようになった。

手順的は以下のようなステップになる
1.自分のパソコン上に「Xampp」というソフトをインストールして「ローカルWEBサーバー」を作る。
2.次に「WordPress」というブログなどを作成・管理するソフトをインストールしてブログ作成環境を作る。
3. 次にココログから抜き出した記事データの中の画像URLをココログ参照からローカル参照に修正する。
4. 画像URLを修正した記事を「WordPress」へインポートする。
5. 別のソフトウェアでダウンロードしたココログ写真を「WordPress」へインポートする。


過去記事10年分を一括でインポートした後、ココログで新たには発生する新記事については自動で「WordPress」にインポートできないので、1ヶ月分くらいずつまとめて手動でインポートしてやる必要がある。


試行錯誤を繰り返しながら2か月ほどかかってなんとか、自分のパソコン上でココログのブログを再現できるようになった。家のWi-Fi範囲内なら他のPCからでもスマホからでも新ブログにアクセスできるようになった。

20210731

 

検索ワードやカテゴリーによる過去記事の検索が出来るし、カレンダーからの過去記事表示も出るようになった。また写真ギャラリーも使えるので自作仏像の写真や水彩画の作品のギャラリーを追加して随時見ることが出来るようになった。まだ解決していない問題も残っているがとりあえずココログの動的なバックアップとしての機能は確保できたようだ。
20210731-5  


20210731-6


20210731-3

 

 

« 真夏の木場潟 | トップページ | 朝顔のグリーンカーテン »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 真夏の木場潟 | トップページ | 朝顔のグリーンカーテン »