無料ブログはココログ

« 庭の芙蓉が咲きだした | トップページ | 萩の季節/2021 »

2021年9月13日 (月)

イタチとの遭遇

最近はお腹の周りの脂肪も気になりだしたので、家の周囲の農道をウォーキングしたりしている。木場潟ウォーキングも続けているが、1周6.4Kmあり休憩しながら1周すると1時間20分~40分くらいかかり、行き帰りの時間も入れると2時間超になる。農道ウォーキングなら短時間で手軽にウォーキング出来る。

先日農道ウォーキングのために家を出て100mほど歩いたところで道路の先に小動物が動いているのに気付いた。カメラを持ってきてなかったので急いでスマホを取りだし写そうとするが、交差している道路を車が通ると隠れてしまい、暫くするとまた動き出す。どうも2匹いるようでオスとメスのつがいかもしれない。スマホは望遠機能がないので画面で拡大してシャッターを切った。
Dsc_02521

 

それぞれを拡大してトリミングした見た。
Dsc_02523

Dsc_02522

スマホで画像を検索してみると、ニホンイタチ、チョウセンイタチ、マングースなどいくつかの候補が出てきた。画像が不鮮明なので確定はできないが、どうもイタチのようだ。家の近くのゴミステーションのすぐ前にこんな野生動物がいるのだとびっくりした。そういえば町内でも狸の子供が罠にかかったとか、ハクビシンが空家に住み着いているという話も聞いたことがあるので野生動物は結構身近にいるようだ。

 

イタチの姿が見えなくなったので、そのまま農道をまっすぐ歩いていくと、農道沿いの田んぼでコンバインによる稲刈りが行われていた。そこで面白いのが、このコンバインの周囲にサギが8羽ほど集まってじっとしていたことだ。コンバインの轟音も気にせずにすぐ近くにあまり動かず立っている。コンバインがすぐ横を通っても1歩くらいよけるくらいだ。落穂狙いかと思ったがエサを食べている様子はないし何のために集まっているのだろう。サギは肉食なので土の中の虫やカエルなどが出てくるのを狙っているのかもしれない。
Dsc_0253

Dsc_0261

 

近くの農道も歩いてみるといろいろと面白い発見があるようだ。

 

 

 

« 庭の芙蓉が咲きだした | トップページ | 萩の季節/2021 »

日々の生活」カテゴリの記事

コメント

およよ~

私も 先日 イタチを見ましたよ

町の中にある道路を横切っていきました

こんな町の中で なにを食べているんだろうと思いました

二匹のイタチは初めて見ましたよ 撮影はスクープではないでしょうか

サギはコンバインで刈り取る横に虫が出てくるのを知っていて それを狙っているのではないでしょうか

動物を見るのもいいですね

いたちを見たのは動物園などを除けば初めてです。
しかも家から100mくらいの所なので余計ビックリです。

2匹いるし、つがいなら繁殖しているわけですね。
子供の頃学校で飼っていたチャボがイタチかテンかに襲われたことはありますが、
今時何を食べているのですかね。

サギは農耕機械が轟音を立てて動いているとやってくるのかもしれません。
春の耕運機の時は土を耕すので、土の中の虫などが狙いと言うのは分かりますが、
秋のコンバインは土を掘り起こさないので虫は出てこないですね。
頭のいいカラスは春には群れるけど稲刈りの時は寄ってこないですね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭の芙蓉が咲きだした | トップページ | 萩の季節/2021 »