無料ブログはココログ

« 秋の木場潟/2021 | トップページ | 朝顔の種採取と蔓の撤去 »

2021年10月 4日 (月)

庭の秋明菊が咲きだした

庭の秋明菊は元々別の場所に植えられていて小さな株だがたくさん花を咲かせていたのだが、10年前に庭の一角に洗濯物干し場のサンルームを建てた時にその場所に植えてあった木を植え替えた時に一緒に今の場所に植え替えた。植え替えた後うまく根を張れないのか広い範囲に分散して芽を出すのだがあまり大きく育たず花も分散して咲いていて数も多いとは言えなかったが、ここ数年はようやく1つ1つの株が大きくなってきてある程度の塊で花が咲くようになった。
Dsc09230
Dsc09215

Dsc09219

Dsc09220


花は清楚できれいなのだが、株はいたるとことろへ増殖して葉は次々と出るがすぐに枯れてしまうので株の周りは枯葉や枯れ茎などが雑然としてしまう行儀の悪い植物だ。花のきれいさに免じて我慢するしかないのだが。

 


プランタ植えにしたベニアオイ(ローゼル)は花は一日花ですぐ終わってしまうのだが、花の後に赤い実が出来る。1つの主枝にたくさんの赤いDsc09232 実が出来るのでなかなかきれいだ。

Dsc09234

なかなか存在感のある赤い実で枝も赤いので生け花の材料としても売っている。
12月頃には乾燥させて来年のために種を採取することにするつもりだ。

 

 

« 秋の木場潟/2021 | トップページ | 朝顔の種採取と蔓の撤去 »

庭いじり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の木場潟/2021 | トップページ | 朝顔の種採取と蔓の撤去 »