無料ブログはココログ

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月

2021年11月30日 (火)

チューリップの球根の植え付け/2021

チューリップの球根の植え付けは、ここ数年は12月に入ってからしていたので今年もそのつもりでいたのだが、天気予報によるとこれから1週間くらいは天候が崩れ雨の寒い日が続くようだ。そこで先日天候が良くて暖かい日に球根の植え付けをすることにした。

 プランタと土は朝顔の時の使い回しだが、1週間前にプランタ12個分の土をフルイにかけて古い根などを取り除いたり、新しい園芸用の土を追加したり、牛糞や化成肥料などを元肥として土に混ぜたりして植え付け用のプランタと土を準備しておいたものだ。

 球根は6月に掘り出したものと10月にホームセンターで新しく買ってきたものと全部で200個くらいになる。掘り出した球根は水洗いして乾燥して保管している間に腐ったり干からびたりして例年なら2割ほどがダメになるのだが、今年は3割くらいがダメになってしまったため想定より使える数が少なくなってしまった。多めに新規購入したのだが全体の個数は例年より少なくなったので、プランタを減らしたり小さいサイズのプランタにしたりした。

 例年通りまず球根を全部のプランタの土の上に置いてみて全体の数のバランスを見て見た。結果としては標準プランタ7つと小さいサイズのプランタ2つと植木鉢2つに植えることにした。

Dsc_0424

Dsc_0425_20211130232001

Dsc_0418

Dscpdc_0000_burst20211128135549375

 

最後は球根を置いた位置に縦に深い穴を掘り中に植えていく作業だ。穴をあけるときは置いた球根の位置にシャベルを縦に深く差し込んでそのまま横に引くと他の球根に影響を与えずに縦に深い穴が出来る。その穴に球根1個を植えて土を被せる。この作業を全部の球根対してすることになる。妻も手伝ってくれたので30分ほどで終了した。

Dsc_0421_20211130232101

 

球根は植える前からもうすでに芽を出しているものがいくつもある。外の物置に置いていたので夜の低温で発芽のスイッチが入ったようだ。3月初旬には土の上から芽が出始めて3月下旬頃には最初の花が咲きだすだろう。しばらくは土の中での成長になる。春にたくさん花を咲かせて欲しいものだ。

 

 

2021年11月27日 (土)

空き地の白い山茶花

近くの空き地の白い山茶花が花を咲かせた。赤い山茶花はよく見るが白い山茶花はあまり見かけない。ピンク色の山茶花もどこかで見た記憶はあるがどこに咲いていたかは思い出せない。山茶花は原種は赤色なのだけれど園芸種としていろんな品種が作られたようで、色も白やピンクや斑入りなど様々な種類があるようだ。

庭木や盆栽などに園芸種ではいろんな種類があるが、よく見かける生垣や植え込みのように大量に使われるところでは赤色の物が一般的なのだろう。

空き地の白山茶花は持ち主の老夫婦がいた頃に観賞用に植えられたのだろうが、今は誰も見てくれる人がいない空き地で寂しく咲いている。赤い山茶花は冬の間ずっと咲き続けているが、白い山茶花は1ヶ月くらい咲いたらもう花が咲かなくなってしまう。原種に近い赤い山茶花ほどには強くないようだ。昨日みたらもうほとんどが花びらを散らしていた。
Dsc09682
Dsc09677

Dsc09678

 

同じ空き地の敷地内には赤色の山茶花も植えられているが、こちらは元気一杯で木も大きいし花もたくさん咲かせている。
Dsc_0407

Dsc09684

 

 

2021年11月24日 (水)

家の裏側の地面の水はけ改良

11月の2週目に大雨の日が1週間近く続いた。10月に家の前側や横側の庭に土を入れて高低差を付けて水はけ改良作業をしたので、効果を確認するため大雨の降っている最中に傘をさして家の周りの水はけを見て回った。

作業をした箇所はうまく流れて水溜まりもなかったのだが、家の後ろに回って見ると大きな水溜まりがいくつも出来ている。家の後ろは境界のブロック塀と家の壁とは1mくらい離れていて、間は屋根の庇の下になるので雨が降っても普段はそれほど地面は濡れないのだが、今回の大雨は雨量も多く5日ほど続き、二階の屋根の雨樋が一階の雨樋に合流する箇所では大量の雨水が雨樋から溢れて地面に落ちて水溜まりが出来たようだ。

雨水が地面に落ちても敷地外に流れてくれれば水溜まりはできないのだが、地面が低くいと水が溜まってしまう。ブロック塀の根元の部分が特に低くなっており水が溜まり流れ出せないようだ。以前はそんなに低くなかったはずだが、長年の間に樋から溢れた雨垂れなどで低くなってしまったようだ。

そこで水はけをよくするために、ブロック塀の根元の低くなった部分に土を入れて高くすることにした。ホームセンタへ行くと山砂と山土が1袋15Kg入りで売っていた。山土の方がやや粘土質のようだが値段は少し高い。山砂4袋と山土1袋を買ってきた。全部で2000円ほどだった。以前購入した路盤材1袋20Kgと、庭から掻き集めた土20kgほど合計約115Kgの土を低い場所に敷き詰めて見た。
Dsc_0395_20211122145401 Dsc_0396

Dsc_0402_20211122145401 Dsc_0400_20211122145401 Dsc_0399

Dsc_0397  

  

これで雨水はブロック塀の根元に溜まらず通路の中央部を流れる算段だがうまくいくかは未定だ。

2021年11月22日 (月)

パソコンのハードディスクの廃棄

パソコン(PC)のハードディスク(HDD)は本体に内蔵されているので、普通はそれほど目にするものではないが、我が家では以前から組立PCを使用していたのでPCのHDDの増設や交換作業などもよくしていた。そのため家には古いHDDがいくつもあり、大半は各PCのバックアップなどに使用しているものだが、もう不要なものもある。

HDD自体は接続方式が新規格化したり大容量化したりして進化しているので、PCのHDDもその時々の主流のものに交換し、古いHDDはデータのバックアップ用に再利用してきた。先日保管しているHDDを整理していたら古いHDDが2つ見つかった。接続方式がIDEと言う規格でかなり古いものだ。10年以上前のPCについていたものの再利用品だ。今持っているPCにもそのままでは接続できず、拡張用のアダプターを挿して接続していたものだ。

HDDの中身を確認してみようと拡張接続用のアダプター経由で接続してみると、1つ目のHDDは空っぽで何も入っておらず、もう1つのHDDはデータが読めずエラーが出た。表面のシールには内容物がメモしてあるがもう不必要なものばかりなので廃棄してもよいのだが、そのまま廃棄するのはデータが心配になる。特にエラーが発生したHDDは以前世話役をしていた自治会のPCのデータが入っているので、読み出せないとはいえデータは残ったままでは不安だ。

そこで分解して廃棄することにした。HDDの表面のネジを何本か外すと、パネルが外れHDDの円盤が現れた。固定してあるネジを外すと円盤が取り外せた。データはこの円盤に記憶されているので円盤を外してキズを付けてしまえば読み出しは不可能になる。スパイ映画などではこの状態からでも読み出せるのかもしれないが今回はそれほどの重要データでもないので問題ないだろう。

Dsc09675

 

分解廃棄したのは3.5インチのHDDだったが、家には2.5インチのHDDのIDE規格の古いものもいくつかある。容量は20GB程度で15年以上前のものだし、いまならUSBメモリーでも16GBや32GBが当たり前なので利用価値もないし廃棄することにした。

Dsc_0404

 

PCのストレージも3.5インチHDDから2.5インチHDD、SSD、M.2SSD などと小型化大容量化していて接続規格も進化しているが、もうややこしくてついていけないようだ。

 

 

2021年11月19日 (金)

Windows11をインストールしてみた

 パソコンの新OSのWindows11が先月4日にリリースされた。1ヶ月ほど経ったが、Windows10と比較しての評価はまだ見ないが、ネット上での否定的な評価はそれほどないようなので、それなりに使えそうな気がする。新OSの改良点は、画面の使い勝手やユーザーインターフェースの向上や、セキュリティの向上などが挙げられているが、スマホやタブレットの良い所も取り込んでいるようだ。

Windowsはこれまで何度か大きな変更を伴う新OSが発表されて進化してきたが、大きすぎる変更はユーザに受け入れられないこともあった。今回は過去の轍を踏まえて極端な変更はなさそうだ。新しいものには興味津々な身としては早速Windows11へアップグレードしようかと思ったが、古いPCではアップグレードできないものがあるらしい。「PC正常性チェック」というツールで判定できるというので、さっそくダウンロードしてチェックしてみたが我が家のパソコンは全滅で、全部がWindows11の要件を満たしていない古いPCとのことだ。

ネットで調べてみると「PC正常性チェック」にパスしない古いPCでもインストール時のチェックを回避してインストールする方法がいくつか紹介されていた。チェックを回避してインストールすること自体はMS公式がアナウンスしているので、やってみること自体は問題ないが以降のWindowsアップデートが提供されないことがあるとのことだ。メインのPCではまだやらない方がよさそうだ。

そこで古いパソコンで試しにインストールしてみることにして、いくつかある方法の中で一番簡単そうな、ツールによるインストールを試してみることにした。チェック回避の設定からインストールまで全自動でやってくれる優れもののツールだ。

ツールをダウンロードして起動していくつか項目を入力したらインストールが始まった。
Dsc_0385Dsc09646  

1時間ほど自動で動いていてPIN入力画面になった。PINコードを入力するとWindows11のホーム画面が表示された。少し操作してみたが動作はサクサク動くし、Windows10の時の画面のアイコンもそのままでちゃんと起動する。普通に使う分には問題なさそうだ。

Dsc09650Dsc09655  


システム・バージョン情報画面ではエディションがWindows11 home でバージョンは21H2になっている。

Dsc09658_20211120110101

システム ライセンス認証画面では ライセンス認証の状態は アクティブとなっていて認証されていた。。

Dsc09659

Windows11へのアップグレードは10日以内なら、Windows10に戻すことが出来るがアップグレードしたのは11月11日なので期限は明日までで、それを過ぎると戻せなくなる。機能的には問題なさそうだけれど、チェックを回避してインストールしたWindows11では正式サポートが受けられなくなるし、今後のマイクロソフトの対応がどうなるのか分からないので、一旦もとに戻して様子を見た方が賢明かもしれない。

PS.   Windows10へ戻す期限の11/20に戻す処理を実行して無事戻すことが出来た。画面のアイコンは元通りになりソフトも問題なく動いている。Windows11への移行は、もう少し様子を見てマイクロソフトの対応がハッキリしてからにすることにした。

 

 

 

 

 

2021年11月17日 (水)

晩秋の木場潟/2021

木場潟へウォーキングに行くたびに秋が深まっているのが感じ取れる。湖岸に葦原はもう枯草色になっているし、対岸のプラタナスもほとんど葉を落としてしまった。白山は頂上付近が冠雪していて白い筋が見えるようになった。
Dsc09606

Dsc09619

 

桜の紅葉はピークを過ぎていて今はほとんど葉が散っていて周回路は桜の落ち葉で赤くなっている。アメリカ楓やクヌギなども次々と紅葉していて冬を迎える準備が進んでいるようだ。
Dsc09622
Dsc09520

Dsc09538

 

赤トンボは飛び交っているが、ロープや杭の先に止まって羽根を広げて太陽の光を吸収している。鴨などの渡り鳥もかなり数が増えてきたようだ。陸に上がって草むらで餌をついばむ群れもある。
Dsc09601
Dsc09528

 

十月桜も数は少ないが花を咲かせ始めた。まだそれほど寒くはないので花も伸び伸びと咲いている。

Dsc09545

 

今年は例年並みの寒さとのことなので昨年よりは早めに雪がやってくるかもしれない。

 

2021年11月15日 (月)

鉢植類の防寒対策

いよいよ寒くなってきたし鉢植えやプランタの寒さ対策をしなければならない。10月に簡易温室にポリカプラダンを貼って断熱効果を上げて、特に寒さに弱いオリヅルランや胡蝶蘭やポトスやバンブーなどを入れて夜間の寒さ対策をしてきた。温度計も入れたので日中は日差しがあると30度近くになるので戸を開けて外気を入れる必要があるが夜中は10度を割り込むので戸を閉めて戸の内側にも断熱材を挟む必要がある。

それでも養生中の胡蝶蘭は寒さで葉が一枚枯れてしまった。そこで胡蝶蘭などは室内に入れることにしたが、他は鉢も大きいので簡易温室に入れたまま断熱シートで包むことにした。

Dsc_0375

バンブーや養生中のポトスなどの小物の鉢植えは断熱シートで包むには小さすぎるので最終的に室内に入れることになりそうだ。しばらくは様子見になる。

Dsc_0377

 

大きい鉢植えは暖かい間は屋根のあるテラスに置いていて、断熱用に衣類用のカバーをダイソーで買ってきて鉢に被せていたが、夜が一段と寒くなってきたので洗濯物干し用のサンルームに移動した。昨年は断熱シートや衣服カバーを使わずに何とか冬を越したが、今冬は例年並みの寒さになると言っているので断熱シートや衣服カバーが効果を発揮するかもしれない。

Dsc_0378

 

2021年11月13日 (土)

冬用の花苗植え付け

春に植えた花苗は夏を越し秋も終盤になると、花茎が伸びすぎ枯れた茎や葉も目立つようになり見た目が悪くなっている。そろそろ冬用の花苗を植えなければと思い11月になった頃にホームセンター出かけて花苗を20個くらい買ってきた。いつも買うのはだいたい決まっていて、今回もプリムラジュリアン、ガーデンシクラメン、パンジー、ビオラをそれぞれに色どりも考えて3~6色を買ってきて植え付けた。

ところが3日ほどすると植えたばかりの苗が3~4個次々と萎れだしてしまった。原因を考えてみたが、プランタ用の土を作った際に肥料を入れすぎたのか、土の水はけが悪くて根腐れしたのか、それとも植えたばかりの苗を日差しの強い場所に置いていたので暑すぎたのかよく分らない。復活しないかとそのまま数日見ていたがダメなようなので、新たに花苗を買ってきて、萎れた苗の替わりに植え付けた。

今度は植えたばかりの苗を強い日差しに当てないように数日養生させることにした。今日見て見ると植え替えた苗は元気なようだし、萎れ掛かっていた苗も少し元気を取り戻したようだ。
Dsc_0364
Dsc_0365
Dsc_0366
Dsc_0367

Dsc_0373

 

ここ数日は雨が続いていたので、プランタを屋根のある場所に移動して土に水が含まれ過ぎないようにしてみた。これでしばらく様子を見て天気が良くなったら日当たりの良い所へ出すことにしよう。

 

 

2021年11月12日 (金)

白椿と山茶花

我が家の庭でもいよいよ白椿と山茶花が咲きだした。白椿は10月の終わり頃から咲き始めたが11月の初旬の好天のおかげで白い花を木全体に咲かせている。ここ数日は急速に気温が下がり雨天が続いているせいで花も雨と寒さで傷んで茶色っぽく変色しているものも目立つようになった。

この白椿は花期が長く、10月終わり頃から咲き始めて翌年の5月頃まで咲いている。本当に寒い時期は花数が減ってしまうが、寒くなる前の今の時期と暖かくなった4月頃は花の数が多くなる。子供の頃から我が家にある木で、今の家に転居した時にも移植したものだ。椿の品種はよく分らないが、ネットで調べてみると花期の長さなどは白侘助という品種によく似ているが、白侘助は花が小さめと言うことだが、我が家の白の花はそれほど小さくはない。
Dsc09595

Dsc09459

Dsc09593


寒くなると白椿は花が少なくなるが、逆に山茶花は花が咲きだす。まだ咲き初めなので花の色は少し色の薄い赤色だがこれからもっと寒くなると花の色も濃くなり花数も増えてくるだろう。
Dsc_0381
Dsc09635

Dsc09628

11月も中盤だがこれからは、師走、正月と世の中が慌ただしくなる。今は少し収まっているコロナ感染の今後の動向も気になるところだ。

2021年11月 8日 (月)

iPadの購入

数か月前にアップル社のiPad Air4を購入した。これまで会社や家ではWindowsパソコンを使うことが多くアップル社製品にはあまりなじみがなかった。

唯一9年前にiPadミニの第一世代機を購入したことがあるが、アップル製品に不慣れなこともありうまく活用できず、ワードやエクセルも使えないので、インターネットの閲覧や音楽再生などの利用にとどまっていた。その後OSのVerUPでセキュリティ機能強化などでどんどんと動作が重くなり、インターネット閲覧でさえ遅くて使えなくなっていた。

今年に入ってタブレット機が欲しいなと思うようになり調べてみたが、Android系、iPad系、Windows系、Chrome系などがありそれぞれ特徴があるようだが、製品の完成度やアプリの種類や数などを考えるとやっぱりiPadが一番いいようだ。iPadはいくつかの機種シリーズがあり新製品が発売される毎に進化するので、以前購入した機種と比べても性能は雲泥の差のようだ。

機種としてはフルサイズのiPadではなく片手で持てるiPadミニが欲しかったが、当時のiPadミニは2年間新型が発売されておらず性能は古いままだったので、前年に発売された大きいサイズのiPad Air4 と言う機種を購入することにした。ネットで注文すると翌日配達された。

Dsc08746


早速梱包を開いて使ってみるがやっぱりWindowsパソコンとは使い勝手が違う。パソコンと比較せずiPadとして慣れるほかないようだ。最近の機能追加で外部ストレージのファイルが取り扱えるようにはなったが、外部ファイルはアプリの内部ファイルとして取り込んでから使い、他のアプリとファイルを共用はしない。この辺りの考えが理解できなくて大分悩んでしまった。

Dsc09637

 

iPadはパソコンのタブレット版とは考えず、スマホの大きいもの的に考えてそれぞれのアプリを使いこなせればとても便利なツールだ。手書きメモの作成なども便利な機能のひとつだ。機器やアプリの機能自体は完成度が高いので、得意とする機能をうまく使いこなせばかなり色んなことが出来そうだ。

Dsc09639

 

予定管理やTODO管理はパソコンやスマホと連携すれば便利だし、手書きメモなどは閃いたアイデアをすぐにメモしておくことも出来る。インターネットやYOUTUBEなどの動画視聴も簡単に出来てしまうし、SNSやメールや音楽も出来てその他のアプリもいろいろ揃っている。ワードやエクセルなども利用可能になった。最大のメリットは起動の速さで、思い付いた時にほんの数秒で上記のいろんな機能がすぐ使えるえるようになることだ。

購入して数ヶ月経ってどんなふうに使いこなせばよいかようやく見えてきたようだ。


2021年11月 6日 (土)

大学病院からの転医

8年前に定期健診で病気が見つかり金沢の大学病院で治療をしてきた。比較的早期だったため、点滴投薬の治療を2年半ほど受けたら、血液検査などでもマーカーの数値が正常になりCT検査や内視鏡検査でも症状が見られなかったので、その後は経過観察のために年に数回検査のため通院をしていた。5年が経った頃には、完治ではないが寛解という状態になっていると主治医から言われた。

寛解とは、完治とは言えないけれど病状が治まって穏やかな状態ということだそうだ。ただ高齢になったり免疫力が落ちてくるとまた症状が出るかもしれない状態のようだ。そのため寛解となった後も年に数回検査で経過観察をしてもらっていたのだが、2~3年ほど前に主治医から転医の話があった。今後急激に悪化することもなさそうなので家の近くの病院へ転医して経過観察してもらうようにすればどうかと言うことだ。

家の近くの病院と言っても検査ができる病院は限定されてくる。いずれの病院も大学病院での診療科と同じ診療科がないが、検査が出来れば問題ないとのことだったので一応最初に病気を見付けてくれた病院にするつもりでいた。

ところが、主治医が転勤することになり転医の話も伸び伸びになって、新しい主治医が転医の話をし出した頃には、今度はコロナ感染症が拡大し始めたためまた延期になってしまった。2番目の主治医も2年で転勤になったが、ちょうどその頃に小松の公立病院に大学病院で受診していた診療科と同じ診療科が新設され3番目の主治医もそこへ転医することを薦めたのでそれに従うことにした。9月に最終確認のCT検査や内視鏡検査や生検をしたが特に問題となるものはなかった。そこで大学病院で紹介状とカルテやCDなどの入った角封筒を受け取り大学病院での治療は終了となった。

先月小松市の公立病院へ予約を入れて紹介状などを提出して受診してきた。常勤の先生もいて大学病院と同等の治療なども出来るそうで、万一再発しても問題なさそうだ。

金沢の大学病院への通院は、距離的にも遠いし道路も混雑しているので運転もたいへんだったので、ちょうど良いタイミングで近くの病院に転医出来て良かったと思っている。病気も完治ではないが、一生付き合っていくしかなさそうだ。

 

 

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »