無料ブログはココログ

« チューリップの芽も順調そうだ | トップページ | 木場潟の梅と河津桜 »

2022年3月12日 (土)

水彩教室59

今回は秋から冬にかけて描いた絵になる。ちょうど庭の花などが少なくなってしまう時期なので、教室で描く絵のモチーフは庭から調達した花もあるが花屋さんで買った花も半分くらいある。また家で描く絵は木場潟の風景画が多くなってしまう。初秋から初冬にかけての風景画になるが、紅葉がきれいな季節になるので絵のテーマとしても描きやすい。


教室で描いた絵 4枚
トルコキキョウ      
Dsc09516

 

シランとシュウメイギク

Dsc09689

 

山茶花 

Dsc09694

 

雪をかぶった山茶花

Dsc09946

 

家で描いた絵 2枚
カリンと柿と瓶        
Dsc09692

 

鉢植えのガーベラ

Dsc09948  


木場潟の風景画  6枚
風景画も最近は木場潟の景色ばかりで、それ以外のところへはいかに外出をしていないかということだろう。木場潟の景色も季節ごとに変化していろんな表情を見せてくれるし、見る角度や方向を変えると別の景色が見えたりする。周回路をいつも反時計周りに回っているが、時々振り返って歩いてきた方を見てみると見たことのない景色が見えたりする。絵にする題材はまだまだあるということだ。
Dsc09506

Dsc09508  
 

Dsc09509

Dsc09696_20220308212301
Dsc09957

Dsc09699  

 

水彩教室の生徒はここ2年で何人かが辞めて行き、何人かの新しい人が入っ来ている。人数はあまり変わらないが、メンバーは替わり2番目に古くなってしまった。だいぶ長く通ったしそろそろやめるべきかなと思うこともあるが、教室に通うことが絵を描くモチベーションになって絵を描き続けているが、辞めたら絵も描かなくなってしまうかもしれない。それも寂しい話だしもうしばらく続けてみようか。

 

« チューリップの芽も順調そうだ | トップページ | 木場潟の梅と河津桜 »

水彩画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チューリップの芽も順調そうだ | トップページ | 木場潟の梅と河津桜 »