無料ブログはココログ

« 十二ヶ滝の桜と千恵子桜 | トップページ | 能美市物見山運動公園の桜/2022 »

2022年4月 9日 (土)

梯川土手の桜とう川古代桜

今回も小松市の桜の記事になる。

小松市の大野町地内の梯川土手には桜が植えられていてかなりの大木になっている。大きく枝を張っているので川面にも反対側の道路にも覆いかぶさり、隣同士の枝もくっつきあっているので土手全体に桜の花の塊をかぶせたようになっている。

P4075054

 

ソメイヨシノは水との相性が良いようで水辺によく植えられているし風景的にも水辺の桜は良いものだ。でも水分が多すぎるのは苦手のようで土手のように盛り上がって水はけのよいところが良いようだ。また桜は日当たりを好むが、水辺は太陽のほかに水面からの反射光もあるので生育がよく、特に水辺側の枝がよく伸びると言われているようだ。
P4075072 

P4075071

 

橋の上から土手の桜を見ると川面に桜の花が映り込んでなかなかきれいだ。

P4075079

 

土手の桜から梯川を2Kmほど下ったところに「う川古代桜」がある。ここは小松市の桜の名所にもなっていてかなり太い幹回りのソメイヨシノの古木が6本あり、大きく枝を張って遠くから見ると桜の塊に見える。樹齢は90年でソメイヨシノの平均寿命はとっくに超えているが6本とも元気一杯の様子だ。周囲には枝垂れ桜も植えられ、菜の花も桜に合わせて咲くように植えられていて色彩的にもきれいで春らしい。
P4075113
P4075107

P4075104

 

« 十二ヶ滝の桜と千恵子桜 | トップページ | 能美市物見山運動公園の桜/2022 »

桜紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 十二ヶ滝の桜と千恵子桜 | トップページ | 能美市物見山運動公園の桜/2022 »