無料ブログはココログ

« ボケの花 | トップページ | ハナミズキ »

2023年4月15日 (土)

木場潟と和田山の八重桜

ソメイヨシノの桜前線が通り過ぎて東北の方での満開がニュースになっているが、当地では春の花が一気に咲き乱れている。そんな中少し間をおいて今度は八重桜が咲き始めた。八重桜は品種名ではなく八重に咲く桜の総称で品種は何種類もあるが大体ソメイヨシノより10日から2週間ほど遅れて咲き始めるものが多い。
 
ソメイヨシノは町中のいたるところに植えられているが八重桜の植えられている所はそんなに多くはない。近場では木場潟とか古墳公園などに植えられているが最近は新しく出来た大型ショッピングモールの前の道路沿いにも植えられている。少し離れたところでは富山県境の倶利伽羅不動寺周辺が有名だ
 
先日木場潟へウォーキングに出かけた時ちょうど咲いていたので写真に撮ってきた。木場潟公園はソメイヨシノは1700本あるそうだが、八重桜はあまりなくあってもせいぜい20本くらいではないだろうか。それでも白色、薄いピンク、濃いピンク、枝垂れと種類がいろいろあって楽しめる。
Dsc_7486
Dsc_7482
Dsc_7479
Dsc_7477
Dsc_7473  
 
 
能美市の和田山の古墳公園にも八重桜が10本くらいある。かなりの大木になっているので古墳公園が整備されたころに植えられたものなのだろう。品種は関山一種類のようだ。ちょうど周囲は新緑が出揃っていて桜のピンクとの対比がすがすがしい。
Dsc_7492  
Dsc_7495
Dsc03081
Dsc03079  
 
余談だが「関山」と言う品種は花と葉が同時に出始めるのが特徴だが、この「関山」の葉が桜餅の葉として使われるそうで食用としても楽しめるそうだ。
 
 

« ボケの花 | トップページ | ハナミズキ »

桜紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ボケの花 | トップページ | ハナミズキ »