無料ブログはココログ

« 朝顔の発芽が遅い | トップページ | 藤の花がほぼ満開 »

2023年5月 7日 (日)

メダカを飼いはじめた

半月ほど前知人からメダカの稚魚をもらった。知人も本格的に飼育しているわけではなく3つの小さな水槽でメダカを飼っているが今年稚魚が生まれたそうだ。メダカは飼育環境が良いと良く繁殖するそうだ。
 
食品の入っていた透明の小さなプラスチック容器にメダカの稚魚6匹と水草と水を取り分けてくれた。水をこぼさないように車をゆっくりと運転し家に持ち帰ったが水槽も何もない状態だしどこに置くかも決めていない。30年ほど前には熱帯魚のグッピーなどを飼っていたことがあるが当時使っていたものは何も残っていない。
 
取り敢えず水槽が必要だが、ネットで調べてみると室内で飼う場合は透明な水槽で、外で飼う場合は透明でない水鉢を使うことが多いようだ。置き場所は半室外の玄関前の簡易温室に置くことにして、ホームセンターへメダカ飼育用の鉢を見に行ったが結構高い。そこで100均で探したら適当な大きさの200円のプラスチック容器があったので底石とかプラスチック製水草や掬い網や餌などと一緒に買ってきた。
 
買ってきた容器や底石などはしばらく水に漬けておき、容器に入れる水はバケツに入れてカルキ抜きをした。半日ほど放置してから容器の底に底石を敷きカルキ抜きをした水を入れ、そこにもらってきたメダカと水草と水をそっと流し込んだ。プラスチック製の水草も入れたが容器が浅いので先端が水面から上に出てしまった。
 
Dsc03303
Dsc03301_20230507115201
Dsc03305
 
 
メダカと一緒にもらってきた水草(マツモ)は葉が枯れてきたが新しい芽が出ているので大丈夫そうだ。メダカに餌をやると最初の頃はあまり食べなかったが、最近は環境に慣れたせいかよく食べるようになってきた。ちょっと安心だ。
 
メダカのサイズは1.5センチくらいなのでまだ稚魚なのだろう。
 
久しぶりの魚の飼育だが見ているとかわいいものだ。
 
水質対策、夏の暑さ対策、日差し対策、冬の寒さ対策など長く飼うためにはまだいろいろ問題が出てきそうだがネット情報を参考にして解決していくことになるだろう。
 
 

« 朝顔の発芽が遅い | トップページ | 藤の花がほぼ満開 »

日々の生活」カテゴリの記事

コメント

自作されている仏像ですが 販売はされているのですか

五錮杵などは作られますか 作られたら 見てみたいです

童無さん コメントありがとうございます。

自作の仏像については申し訳ありませんが販売はしておりません。

趣味で作っているもので販売できるほどのクォリティでもありませんし。

五錮杵は密教で使う仏具ですね。残念ながら作ったことはありません。

自作仏像は何年か前までは作っていましたが最近は根気が続かず作らなくなってしまいました。


ヒメダカ 大きさからすると 昨年生まれたコメダカではないかな

家では リンゴの入っていたような発砲スチロールの箱の中で飼育しています

コメダカ用のえさをやると大きくなりますよ

今年 大きくなると 産卵するかもしれませんね
家は適当で 親メダカに入れてある藻をたまに 別の水槽に入れておくと コメダカが生まれることがあります

バカほど増えてしまいました 今100匹以上いるかもしれない(笑)

知人に種類を聞くのを忘れたので品種が分からなかったのですがヒメダカですか。
ネットで調べてヒメダカか白メダカなのかなあと思っていました。
ヒメダカはもう少しオレンジ色が濃かったようですが環境とか個体差もあるのかな。

貰ってきた藻を入れてあるのですがだんだん枯れてきたので酸欠が心配です。
新芽は出ているけど成長が遅いです。枯れていく方が早いような。

藻はペットショップで追加で買ってきた方がよさそうです。

そちらはコメダカがよく生まれるのですか。環境が安定しているからですね。


いちろさん

藻は そこらの川で採ってきた黒藻ですよ

店で立派なものを買わなくても十分 酸素出しますし 産卵もしますよ

小川や池の中を覗いたらあると思います

藻は近くの川の物でも大丈夫なんですか。
でも最近は近くに小川らしいものがないですね。

コンクリートのU字溝で出来た水路ばかりで藻なんかあるのかなあ。
もうしばらくすると産卵なんかもするとすれば産卵用の藻もいるようになりそうですね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝顔の発芽が遅い | トップページ | 藤の花がほぼ満開 »