無料ブログはココログ

« 梅雨のアジサイ | トップページ | 茅の輪くぐり »

2023年6月27日 (火)

メダカの稚魚が孵化した

4月の下旬に知人からメダカを6匹もらった。今年生まれた稚魚だそうで確かにまだ小さめで成魚ではなさそうだった。我が家へ持ち帰った後最初は小さなプラスチック容器に入れて飼育していたが、やっぱり手狭だろうとその後室外飼育用の少し大きめの水鉢を購入しホテイアオイなどの水草も入れソーラーパネルで動くエアーポンプも設置した。

メダカが我が家に来てから3ヵ月ほど経つが当初小さめだったメダカは随分大きくなったようだ。餌をやるとすぐ食べに来るし、上から見ても体長も大きくなり体も丸みを帯びてきた。もう成魚になっているようだ。

Dsc03736

 

メダカは生後3ヵ月で体長2センチくらいで産卵できるようになるそうなので我が家のメダカはもう十分産卵できるはずだ。

今日いつもの通り餌やりをして水鉢の中をのぞいていたらなんだか小さいものが素早く動いていることに気付いた。動いているものをよく見たら1mmほどの小さなメダカの稚魚のようだ。メダカの稚魚を追加で水槽に入れてはいないし、水草も追加していないので水草に付いてきたわけでもない。やっぱり貰ったメダカが成魚になり産卵をして孵化したと考えるのが自然だろう。
Dsc03729
Dsc03730_20230627232001

Dsc03733

 

カメラを取ってきて写してみたが小さすぎてなかなかピントが合わない。稚魚は生まれたばかりなのか水草に囲まれた場所からあまり移動しない。いつもやっている餌を指ですり潰して粉状にして水面に蒔いてみたらちゃんと食べ始めた。

しばらく眺めていると稚魚は1匹だけではないようで確認できただけで4匹いた。見えないところにもう少しいるのかもしれない。

屋外用の水鉢は繁殖するくらいなので生息環境は良さそうだ。水草に付いていたのか小さな巻貝も育っていて水苔を食べているようだ。水草のホテイアオイも小さなものを買ってきたのだが今では水面の3分の2を覆うくらい繁殖している。小さな生態系が水鉢の中に出来つつあるようだ。

 

 

 

 

« 梅雨のアジサイ | トップページ | 茅の輪くぐり »

日々の生活」カテゴリの記事

コメント

早い産卵・孵化ですね~

稚魚用のえさは売っていますよ

自分は 稚魚(針子というらしい)は親とは別にしています

メダカも それなりに楽しいですね

水鉢の中に稚魚を見つけた時はちょっとびっくりと感動でした。

見よう見まねで揃えた飼育環境で孵化したということは、
やっていたことが一応正しかったということですよね。

餌は最初に間違えて稚魚用の餌を買ったのでこれを使っています。
成魚用はちゃんと買いなおしました。

今は同じ水鉢に成魚も稚魚も入れているのですが別々にした方が良いのですかね。
稚魚があまりに小さくて成魚に食べられるのじゃないかと心配です。

最初に水槽用に買ったプラスチックの容器に分けた方が良いのかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅雨のアジサイ | トップページ | 茅の輪くぐり »