無料ブログはココログ

« キュウリの初収穫と異変 | トップページ | 梅雨のアジサイ »

2023年6月17日 (土)

朝顔の定植・ネット設置

4月の終わり頃に種蒔きをした朝顔がだいぶん大きくなってきたのでプランタに定植し、グリーンカーテン用のネットも設置した。
 
今年の春は全ての花が例年より早めに咲いていたので、例年5月連休にしている朝顔の種蒔きも10日ほど早い4月の下旬に行った。成長のスピードはそれぞれで異なり、成長の早いものと遅いものが種蒔きプレート上で混在しているので、3週間ほど前に大きくなった苗を選んで育苗ポットに鉢上げした。その後も大きくなった苗を選んでは順次育苗ポットに鉢上げしていた。
 
育苗ポットに移植された苗は更に成長が加速してどんどん大きくなっていく一方、成長が遅くてまだ種蒔きプレートから抜け出せない苗もある。朝顔は毎年グリーンカーテン用にプランタ9個分、行燈仕立て用にプランタ4個分を確保しているが、今年の分は数日前に数をはほぼ確保できたのでグリーンカーテン用の分をプランタに一斉に定植した。ネットも設置した。
Dsc03615  
Dsc03616  
 
行燈仕立て用はまだ育苗ポットのままだ。
Dsc03614
 
 
早く育ったものを抽出して鉢上げや定植をしたが、いいまだに成長しきれない苗が種蒔きプレートにたくさん残ってしまった。このまま成長させても植える場所もないし心を鬼にして廃棄することにした。毎年のことだが心の痛むところだ。種蒔き直後から早く大きくなれと世話をしてきたのに必要数が確保できた途端に手のひら返しで残ったものを廃棄せざるを得ないのだから罪悪感も感じる。
 
捨て場に捨てた苗500本ほど
Dsc03619  
成長の遅い苗ばかりだが、この逆境からでも生き延びて成長する苗もあるのでせめてもの罪滅ぼしに支柱を設置した。

 

« キュウリの初収穫と異変 | トップページ | 梅雨のアジサイ »

庭いじり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キュウリの初収穫と異変 | トップページ | 梅雨のアジサイ »