無料ブログはココログ

« 雨不足でリュウノヒゲが枯れた | トップページ | ベニアオイとホテイアオイの花が咲いた »

2023年9月14日 (木)

股関節痛/ウォーキング用靴の買い替え

6月頃に脚立に乗って庭木の剪定をしていて無理な態勢を取ったせいで左足の股関節を痛めたようだった。元々右足の股関節は無理をすると痛むことがあったが、この時は左足の股関節だった。日常生活では支障はないがウォーキングの時は痛みを感じていた。

7月後半から8月にかけては熱中症警報でウォーキングをしていなかったし日常での痛みを感じなかったので治ったのかなと思っていたのだが、9月になり久しぶりに木場潟ウォーキングで歩き始めたら3分ほどで左足の股関節に違和感を感じた。これはヤバイ再発なのかと思い歩幅を小さくしゆっくりと歩いたら何とか一周することができた。

でも家では庭仕事で動き回っていても痛みを感じたことがないのにウォーキングの時だけ違和感を感じるのはなぜだろうか。股関節には軟骨のすり減りなどの問題があるはずだがウォーキングの時だけ痛むのは他にも問題があるはずだ。そこで考えてみた結果ウォーキングの靴にも問題があるのでないかと思い至った。前の靴の時も靴底がすり減って弾力がなくなって膝関節や足首に痛みが出始め、靴を買い替えたらすぐに治ったことがあった。

今回も靴底の摩耗の問題かもしれないと思い靴の底を見るとかなり摩耗している。歩き方の癖なのか靴の外側が特にすり減っているので足が傾いてしまい股関節に無理な力がかかっているのかもしれない。若い時はそれほど影響のなかったことでも高齢になり足腰のパーツが劣化してきているので影響が出ているのかもしれない。

Dsc_1982


ウオーキングシューズも替え時かなと思い靴店へ出かけた。対応に出た店員さんに用途や脚のサイズや幅広の足であることを伝えてお薦めの靴を出してもらい試着してみたが、一番重要な靴底のクッション性のことを伝え忘れていたので、クッション性のある靴を見たいと伝えるとベテラン店員さんがいくつかのお薦めの靴を持って現れた。機能性が付加されているということで価格帯も1ランク上の製品だったが試着して歩いてみると気に入った靴が見つかった。せっかく股関節痛対策で靴を買い替えに来たのに危うくクッション性を考慮せずに買ってしまうところだった。
Dsc_1984

Dsc_1983

 

先日9月で2回目の木場潟ウォーキングをしてきたが、最初は恐る恐る歩いていたが問題なく歩けることがわかってその後は痛みもなく元気一杯1周した来た。

 

 

« 雨不足でリュウノヒゲが枯れた | トップページ | ベニアオイとホテイアオイの花が咲いた »

日々の生活」カテゴリの記事

コメント

関節が傷んで 金属交換される方 意外とおられます

私は 膝が痛くて 医者に行ったら 軟骨がすり減っているとか言われました
そこで 水中歩行などを頑張ったら いたさがなくなりました

靴による腰への負担が和らぐのも いいのかもしれませんね

この年になると だまして使う 交換する などになりそうです

お互い 体が長持ちするように 環境整備で 乗り切りましょう

以前両足の膝や足首の関節が痛くなったことがありウォーキングのシューズを新しくしたら治ったことがありました。

今回は庭木の剪定中に股関節を痛めたのがきっかけでしたが、ウォーキングの時だけ痛むのでシューズの底の摩耗が原因かもと思い新しくし購入してみました。

前回比膝が痛かった時に飲んでいたコンドロイチンのサプリメントもまた飲み始めました。

体の部品も弱くなっているのでだましだまし使う必要がありますね。無理をするとすぐに調子が悪くなりますね。

無理をせずにほどほどの負荷をかけ体を動かすのが元気の秘訣かもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨不足でリュウノヒゲが枯れた | トップページ | ベニアオイとホテイアオイの花が咲いた »