無料ブログはココログ

« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »

2023年10月

2023年10月31日 (火)

自作PCのCPU&マザーボード交換修理

久しぶりにパソコンの修理をした。10年程前に自作で組み立てた高性能パソコンだったので愛着があるのだが、動作が不安定で突然フリーズして動かなくなったり、本来のLANポートが故障して外付けのLANアダプターを購入してLAN接続して使用していた。

ところが先日このパソコンのマザーボードをいじっていたら外付けのLANアダプターを認識しなくなりLAN接続しなくなった。色々調べたが原因が分からないし、インターネットに繋がらないパソコンなんて使い道のないただの箱にしか過ぎない。元々の機能は後継機に移行済なので処分するしかないかなと思ったが、自作組み立てなので愛着もありパーツなどを付け外しなどして遊ぶこともできるし性能もまだ使えるレベルだ。そこで不安定な動作のマザーボードを交換すれば直るだろうと思い調べてみることにした。

パソコンの頭脳のCPUチップは以前故障して廃棄したパソコンから取り出したものを使うことにした。今回の故障機のCPUより2世代新しいが、それでも10年前のCPUに合うマザーボードが売られているかが問題だった。

CPUは毎年新型が発売され、CPUを挿すソケットの形状は数年毎に変更されているので手持ちのCPUチップに合った形状のソケットのついたマザーボードが必要になる。当然CPUと同時期に発売された中古のマザーボードを捜すことになる。メルカリやヤフオクなどに中古品が多数出品されているがちゃんと動くものかは分からない。そこでAmazonや楽天のショップで探してみるとAmazonによさそうな中古品があったので購入した。製品は翌日に配達された。見た目は良さそうだ。

Dsc_0126

 

さっそく古いマザーポードをパソコンから取り外すことにしたが、何本も挿されているケーブルを全部新しいマザーボードに挿し直す必要があるため間違えそうな箇所は慎重に写真を撮りながら取り外した。

Dsc_0123

 

取り外した古いマザーボード

Dsc_0130

 

新しいマザーボードにCPUやCPUファンやメモリーなどを取り付けた上でパソコン本体内に取り付け、ケーブル類を外す時に撮った写真や取扱説明書を参照しながら正しい場所に接続した。電源を入れる時はドキドキしたが何とかBIOS画面が表示されその後Windowsが起動した。それでもランプがついていなかったりファンが回っていなかったりメモリーがうまく認識していなかったりとトラブルはあったが問題点はほぼ解決した。LAN接続も内蔵アダプターが使えるようになった。

一番不安だったのはWindowsが認証されるかだった。マザーボードもCPUも変更しているので認証されない可能性があったが元々デジタル認証してあったのですんなりと通ったようだった。

性能をベンチマークで調べてみると現在のメインパソコンの半分くらいの性能が出ている。他の何台かの古いパソコンの2~3倍くらいの性能は出ているのでまだ十分使えそうだ。

Dsc_0137

 

2023年10月23日 (月)

松の剪定と金木犀

庭の真ん中に黒松があるがあまり姿の良い松ではない。毎年自分で選定しているのでカッコよくなるわけでもない。昨年は松の最上部が剪定の際に届かないので先端部を50cmほど切断したのだがそのせいで余計不格好になってしまった。今年は夏の間に枝の松葉がの伸びすぎていてこんもりと繁っていて不格好な上にむさくるしくなっている。

そこで黒松の剪定をすることにした。昨年は背丈を低くしただけで枝を全然選定しなかったので黒松の上の方の幹と枝のバランスが悪くなっているので幹に合わせて枝を短くしたり切り取ったりした。繁っている枝葉も伸びすぎたものを切って枝葉の透かし剪定をした。
姿はよくならないが見た目は少しすっきりとしたようだ。
Dsc_0103
Dsc_0099_20231023223601

Dsc_0100

 

地面に落ちた剪定した枝葉を袋に詰めているとお隣の金木犀が花を咲かせているのに気が付いた。例年は我が家のシュウメイギクが咲いてその後にお隣の金木犀が咲くのだが、今年は夏場の雨不足で根の浅いシャウメイギクはほとんど枯れてしまってかろうじて1株だけ生き残っているが蕾はできているがまだ花は咲いていない。金木犀は木なので夏の雨不足の影響はあまり受けなかったようで例年通りの時期に咲いている。
Dsc_0094

Dsc_0095_20231023223601

 

我家の前の耕作放棄の荒れ地ではススキを覆い隠すようにセイタカアワダチソウが盛大に咲いている。これは草だけれど夏の雨不足の影響は受けていないのだろうか。外来の雑草だから生命力が格段に強いのかもしれない。
Dsc_0105

 

 

2023年10月20日 (金)

カメラの故障と修理依頼

ブログ用の写真を撮ったり木場潟ウォーキングの際に携行して愛用していたSONY製の小型デジカメが2ヵ月ほど前から調子が悪くて、シャッターを切っても時々そのままフリーズしその後はなにをしても動かなくなる不具合が発生していた。電源も切れないのでバッテリーを抜き差しすると一応復旧し使えるようになるのだが。

Dsc_0111

 

バッテリーかSDメモリーが悪いのかとそれぞれ別のものに交換したが不具合の発生は直らず、発生頻度も次第に多くなっていたが、2週間ほど前にはとうとうバッテリーの抜き差しでは復旧しなくなった。

故障のようだが8年間使用したので寿命なのかなとも思ったが、性能的には陳腐化していないし、調べると人気のある現行機種としてまだメーカーより販売されている。このカメラのシリーズは高画質小型デジカメとして10年以上前に第1世代が発売されて以降新機種が7世代発売されているが全部現行機種としてメーカーから発売され続けている。私は8年前に第3世代を購入し使い続けている。

新品の価格は世代毎に異なるが、第3世代のものでもデジタル一眼カメラのエントリーモデルよりは高いくらいだ。そんなわけで壊れたからと言って買い替えるわけにはいかないのでメーカーに修理を依頼することにした。ネット経由で修理依頼をしようとしたが、購入時の製品の箱や保証書の写真を添付するよう求められたが保証書は見当たらなかったのでネット経由での修理依頼を諦め、修理依頼窓口へ電話で依頼をすることにした。ネットからの申し込みが不調だったし、電話も10分くらい待たされたのでイライラしていたが担当の女性が電話口に出た時にはホッとした。

担当の人に製品名や購入日や症状を伝えネット申し込みで要求された保証書がないことも伝えたが問題ないとのことで修理をお願いすることにした。修理品の引き取りとか納品とかは契約している運送会社が来るとのことだった。

その後運送会社が引き取りに来て、先日修理完了品を配達していった。使ってみると問題なく動くしUSBソケットの蓋の破損も直っていた。本体やレンズのクリーニングもされている。カメラが新品に戻ったようでうれしくなった。
Dsc_0113

Dsc_0119

 

外観は擦り傷や塗装剥がれなどもあり8年間愛用の痕跡が残るが、内部の制御系は新しい基板に交換されているので新品同様になっている。修理費用は郵送料や代引き込みで18,700円かかった。やや高いので修理を少し迷ったが新品を買えば数倍かかるのでこの金額で新品が買えたと思えば納得だ。修理に出すときに取り外していたカバーやストラップを取り付けて元の状態になった。
Dsc_0118

 

2023年10月19日 (木)

町内文化祭の余技展

先日の日曜日に町内の文化祭が開かれた。文化祭は町の公民館が主催する行事として定着していて、町民の余技展や保育園児の作品などが展示されたり、餅つき大会やお茶席のサービスなどが行われたり、手芸の体験コーナーやゲームコーナーなども設けられたいたりして結構来場者でにぎわっている。

会場で開かれている余技展では町民が作った絵画、書、短歌、俳句、川柳、編み物、手芸などの作品が展示されていた。1か月ほど前に出品依頼の案内などがあり、前日に作品を持ち込んだものを展示している。町民にはさまざまな趣味を持つ人がいるんだなと驚くとともにレベルの高さにも驚かされる。

Dsc_0090_20231019171601

Dsc_0091

 

私も毎年作品を出品しているが今年は3点の作品を出品した。
今回出品した作品 3点

Dsc_0089

 

 

 

2023年10月15日 (日)

コスモスがようやく咲き出す

今年は秋の花全体が咲く時期が遅れているようだ。いつまでも暑かったので秋になったと思っていなかったのかもしれない。以前は家から出かけられる範囲にいくつかコスモス畑があって9月頃にはよく見に出かけていたのだが、今年は9月になってもコスモスを見かけることがなかった。

10月に入って小松市の粟津温泉の近くの津波倉地内にあるコスモス畑を2回見に行ったがコスモスは植えられているが花は疎らにしか咲いておらず空振りに終わっていた。


今年は見る機会がないのかなと思ってたのだが、先日木場潟ウォーキングに出かけたら北園地への入り口の前にある田んぼにコスモスがたくさん咲いていた。この場所では前年もコスモスが咲いていたが今年は10月になってもあまり咲かないし生育不良なので今年はダメなのだろうと思っていたのだが、例年よりは遅いけど何とかまとまって咲き出したようだ。
Dsc_0077
Dscn5062

Dscn5059

Dscn5060

 

津波倉地内のコスモス畑と比べると規模ははるかに小さいが満開に咲いて風に揺れている様子は秋らしくてよいものだ。コスモスは本来外来種のはずだが今ではすっかり日本の秋には欠かせない花になっている。

ちなみに2回空振りに終わった津波倉地内のコスモスは今は例年通りたくさん咲いているそうだ。花を自由に持ち帰っても良いらしくハサミも備え付けられているとか。

 

 

2023年10月13日 (金)

メダカ水槽の保温と寒さ対策

最近は秋も深まり朝晩はめっきりと涼しくなってきた。メダカを飼い始めてからは半年経ち酷暑の夏はなんとか乗り切ったが、これから冬にかけては寒さ対策が必要になってきそうだ。メダカの買い始めは貰った6匹でスタートしたがその後自然孵化などで今は40匹ほどに増えていて水槽も丸いタイプと四角のタイプの2つで飼育している。

ネットなどで屋外水槽の冬越しの方法などを調べてみたが、水深の深い鉢が良いとかエアレーションは止めた方が良いとか、餌やりは少なめにとかいろいろと書いてあった。メダカは水温の適応範囲が広くて5℃~34℃くらいは大丈夫とあったが、屋外水槽の水温が冬5℃以下になる可能性もある。

我家のメダカ水槽は玄関の庇の下に置いているが雨は防げるが一応屋外設置になる。水槽1つは簡易温室に入れもう1つは温室の外においているが夏の間はガラス戸は開けっ放しにしていた。冬の寒さ対策としては簡易温室に保温対策をしたうえで水槽にも保温対策をして2つとも簡易温室に入れようと考えた。四角の水槽は水深の深い鉢に買い替えた。

まず水槽の保温だが、何で保温すればよいかホームセンターで調べてみた。材料としては発砲スチロールやスタイロフォームや断熱シートなどがあったが工作のしやすさからレジャー用の厚手の断熱シートを使うことにした。丸い水槽を丸く囲うには断熱シートが柔らかくて便利だ。試行錯誤しながら水槽の底面と側面をすっぽりと覆う保温ケースを作り水槽を入れてみた。
Dsc_0078

Dsc_0075

 

丸い水槽も周囲をぐるっと丸く覆い底面も覆った。

Dsc_0081_20231013115901

 

簡易温室の側面や天井部分は植物のために昨年ポリカ板を張り付けて断熱してあるので、今回は底面部にはスタイロフォームを切って敷いてみた。これで簡易温室の保温性向上しただろう。

Dsc_0087_20231013115901

 

今のところ簡易温室のガラス戸は開けっ放しだが、寒くなってきたらガラス戸を閉めて前面にもプラダンを張ってみようかな。

 

 

2023年10月12日 (木)

木場潟熊騒動

昨日は久しぶりに朝から穏やかな秋晴れで気持ちが良かったので木場潟ウォーキングに出かけた。普段は昼食後の午後一番に出かけることが多いのだが、この日は天気も穏やかだし妻からたまには午前中に歩けばと言われたこともあり出かけることにした。

木場潟の周回路を歩き始めても太陽の方向がいつもと違うので見える景色も微妙に異なり新鮮に見える。

早速出迎えてくれたのは赤とんぼでかなりの数が飛び交っていて時々杭の先やロープに止まって休んでいる。尻尾の赤色も前より鮮やかな赤色になっているようだ。
Dscn5011

Dscn5054

 

湖面にはカモが浮かんでいる。夏の間は見かけなかったが秋になると少しずつ飛来しているのだろう。小集団を作ってのんびりと浮かんでいる。
Dscn5046

Dscn5043

 

水草園のスイレンはまだきれいな花を咲かせている。

Dscn5025

 

日差しも柔らかくなり湖面からの風も気持ちよかったのと股関節に少し痛みがありゆっくりと歩くようにしていたが、中央園地付近へ来ると消防車とパトカーがけたたましいサイレンを鳴らして道路を走って行った。何かあったのだろうかと思ったが、そのまま歩いて中央園地を過ぎたあたりで今度はさっきの道路を反対側から消防車2台ともう1台サイレンを鳴らして走ってきた。どうも現場は中央園地の正面入り口付近か東園地のようだ。消防車が3~4台来ているのに煙が上がっている様子はない。なんだったんだろうと思いながらそのまま歩き続けて出発点の北園地まで戻り家に帰った。

 

でも午後テレビを見ていたら木場潟で熊が出て男性が襲われて大怪我をしてドクターヘリが出動したと言っていた。時間的に言ってもあの消防車出動は熊騒動によるもののようだ。熊は男性を襲った後東側の山に逃げ込んだと言っていたが、もし西側の木場潟に方向に逃げて来ていたら熊と遭遇していたかもしれない。同時刻頃にかなり近い場所を歩いていたことになりかなり冷や汗ものだ。しばらく木場潟ウォーキングに行けなさそうだ。行くときは熊ベルを用意していかなければ。

 

消防車が来ている時刻に中央園地を取った写真

熊が人を襲ったのは向こう側の山のあたり

Dscn5053

 

今朝の北國新聞記事

Dsc_0080

 

 

2023年10月 9日 (月)

我家の庭にも秋が来た

酷暑の8月に続いて9月も連日暑い日が続いていたがさすがに10月になると一気に涼しくなってしまった。遅れていた分を取り戻そうと急いで季節が進んでいるようだ。

我家の庭も急に秋モードになったようで、遅れていた白萩が咲き出したしウメモドキも実が赤くなってきた。
Dsc_0053
Dsc_0049_20231009213601

Dsc_0054

 

5月に種蒔きをして育てていたベニアオイも赤い実を生らせはじめた。ベニアオイはローゼルともいい薄黄色の花が咲いた後に赤い実ができる。葉を取り除いて実だけが茎に付いた状態で生け花の材料としても売られている。

Dsc_0056

 

ナスは8月の上旬に収穫できて以来収穫数ゼロの日が続いているが、最近ようやく切り戻した枝に紫色の花が咲き実も大きくなり始めた。プランタ野菜栽培はキュウリもトマトも撤去したがナスだけは秋ナスに期待して残しておいてよかった。

Dsc_0074

 

3ヵ月間毎日咲き続けた朝顔は本来なら9月からは種採取に忙しくなるはずだったが、今年はどういうわけか種が全然できなくて採取も例年の5分の1くらいしか採取できなかった。来年は数が足りないかもしれない。花はピーク時1日500個くらい咲いていたが咲く花の数も少なくなったので撤去することにした。
Dsc_0072

Dsc_0073

 

これからもっと秋は深まるが庭仕事はこれで一段落と言ったところだ。

 

2023年10月 2日 (月)

とうとう後期高齢者になった

とうとう9月の誕生日で後期高齢者の仲間入りをすることになってしまった。国の区分では65歳以上の人を高齢者と言い、更に65歳以上75歳未満の人を「前期高齢者」と言い、75歳以上の人を「後期高齢者」と言うようだ。

後期高齢者になってまず変わるのは医療保険制度だ。現役時代は勤務先で健保協会の健康保険に加入していたが、退職すると健康保険の任意継続を2年間したが、その後は国民健康保険に加入していた。でも75歳を過ぎると自動的に国民健康保険から抜けて後期高齢者医療保険に加入することになる。7月頃に誕生日以降から来年7月末日までの有効期間の保険証が送られてきた。来年以降は1年毎の更新になるようだ。
自己負担割合は収入に応じて1割~3割となっていて私の場合は2割負担でこれまでと変化なしだ。


後期高齢者になって変わったことは、市の健康診断で従来受診できていたガン健診で受けられなくなったものがあるということだ。後期高齢者にはもう必要ないだろうと言われているみたいでちょっと残念な気がする。


運転免許証の更新も後期高齢者ではこれまでと異なる方法になる。70歳以上は「高齢者講習」が義務付けられていたが、後期高齢者になると更に「認知機能検査」が追加されてくる。5月に近くの自動車教習所で講習と検査を受けて「結果通知書」を発行してもらい免許更新時に提出して更新することになる。免許証の有効期間もゴールド免許なら5年だったのが3年に短縮され更新のたびに「高齢者講習」と「認知機能検査」が必要になり、この間に事故や違反があると更に別の講習が必要になるらしい。これについては高齢者の事故なども発生しているので検査は止むを得ないだろう。

認知機能検査用イラスト

« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »