無料ブログはココログ

« 道の駅の裏山桜再訪 | トップページ | チューリップの一番花が咲いた »

2024年3月31日 (日)

沈丁花やミツバツツジが咲き出した

東京では桜の開花宣言がようやく出たようで全国的にようやく暖かくなってきて、我家の庭でも3月の寒さで咲くのをためらっていた春の花が次々と咲き始めた。例年より1週間くらい遅れているようだが、遅れた分だけ一斉に咲き出した感がある。

ミツバツツジも沈丁花も梅が終ってしばらくして咲き始めるのだが今年はなかなか咲かないなと思っていたら数日前から一緒に咲き始めた。
Dsc_0454
Dsc_7719

Dsc_7721

 

沈丁花は肉厚で透明感のある純白の花を咲かせる。小さな花が複数集まって1つの花の塊を作っている。下向きに咲く控えめな花だがあたりに匂いを漂わせて自己主張している。
Dsc_7728
Dsc_7730

Dsc_7729

 

アセビはちょっと前まで蕾が固かったが一気に花の房ができていた。アセビの葉には毒があって馬がこの葉を食べるとフラフラすることから馬酔木と書いてアセビ・アシビと読むようだ。
Dsc_7725

Dsc_7732

 

 

« 道の駅の裏山桜再訪 | トップページ | チューリップの一番花が咲いた »

庭いじり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 道の駅の裏山桜再訪 | トップページ | チューリップの一番花が咲いた »