無料ブログはココログ

日々の生活

2022年12月 4日 (日)

九谷焼の陶器類の整理処分

先日、屋根裏の物置を整理していたら隅に段ボールの箱が10個ほど積み上げられているのに気付いた。これは何だったっけと思いつつ一個を開いてみたら九谷焼の陶器類が入っていた。自分では忘れかけていたがそういえば父が亡くなった後に遺品を整理していて、あっちこっちに保管してあった九谷焼類を段ボールに入れて屋根裏の物置にまとめて保管したのを思い出した。

当時は中身を吟味せずそのまま片付けてしまったのだが、一度中身を全部見る必要があるだろうと翌日全部の段ボールを開いて中身を確認してみた。3分の1は地元の九谷焼作家の作品で、3分の1は九谷焼の贈答品等で残りは使用後使わなくなった花瓶とか酒器などだった。

父は生前友人に九谷焼作家がいたり別の九谷焼作家との親交もあったのでそんな交流の中で作品も入手したのだろう。また父の父や兄2人も九谷焼の絵付けの仕事をしていたので手がけた作品も遺品として大事に保管していた。このような作品は処分するのも躊躇われるので再度段ボール箱に入れて保管することにした。段ボール5箱になってしまった。

Dsc02397_20221204222501

 

残りは全部処分する積りだったが、半分は立派な木箱に入った九谷焼なのでひょっとしたらリサイクルショップで買取してもらえるかもしれないと思い、外出した時ついでにリサイクルショップに立ち寄って九谷焼などの陶器類を買い取って貰えるか聞いてみると、使用したものはだめで、木箱入りの新品なら買い取るとのことだった。後日車に積み込んでリサイクルショップに持ち込んだ。品数は九谷焼16点、青銅製の置物1点、漆器1点の合計18点だった。

ネットで調べるとヤフオクやメルカリで売った方が高い値段になるということだったが梱包や発送や決済など面倒そうなのでリサイクルショップで売却することにした。どのくらい値段が付くかドキドキものだったが1点100円~300円にしかならなかったが、唐獅子の置物だけは1500円の値段が付いた。結局、1点は買取不可となり全部で17点についた金額は4200円だった。金額は少し不満だったがその場で引き取ってもらった。

Dsc02395

 

ちなみに1500円の値段が付いた唐獅子の置物

Dsc02411

 

他は下の写真のような花瓶や酒器や置物や飾り皿など
Dsc02403 Dsc02405_20221204222501  

 

後は廃棄する物なので危険物のごみ出し日に出すか、市のクリーンセンターへ持ち込むかで処分することになる。

Dsc02394

 

自分の物の断捨離もなかなか進まないが、いまだに父親の遺品類の処分ができずに困っている。なかなか捨てられないものだ。

 

2022年11月29日 (火)

コロナワクチン5回目接種

先日コロナワクチンの5回目の接種をしてきた。11月の上旬に市役所よりコロナワクチン接種券が届いたので早速申し込みをしようとインターネットでサイトにアクセスしたのだが、過去4回接種していた市立病院が定員オーバーで既に締め切っていた。接種券が届いたその日に申し込みしたのだが定員オーバーと言うので近くの開業医の状況を見るとまだ受付をしているようだった。

市の直営の市立病院がそんなに早く締め切ってしまうのもおかしいと思って市のコールセンターに電話してみた。コールセンターでも開業医の方で接種するしかないですねと言われ開業医での接種を予約したが、電話口の人に隣の市に毎月通院している医院があるのだがそちらで受けられないのかと尋ねると、行きつけの医院がOKなら越境でも問題ないとのことだった。

毎月通院している医院に電話すると、月の通院日とは日合わないが別の日なら予約できるとのことだったので予約をお願いして、市のコールセンターへ再度電話して仮予約していた分をキャンセルしてもらった。1回目や2回目の接種の頃は市へ配付されるワクチン数も不足気味だったので、居住地とは別の市で接種することはできないと思っていたのだが、その後緩和されたのか当初から可能だったのかよくわからない。

5回目のワクチンはオミクロン株対応で今までと同じファイザー製のものだった。接種後はこれまでと同じで肩の筋肉痛がしばらくあったが発熱することもなく無事終わった。

Photo_20221128235901

 

接種証明書ももらったが、しばらくするとスマホで確認できるデジタルの証明書が発行できるので手続きをするつもりだ。

コロナの第8波で感染がジワリと増加していて以前よりは弱毒しているということだが、年末年始の行動制限解除や旅行クーポンなどで感染者が増えるのは間違いないだろう。

妻は過去4回とも38度超の発熱があって寝込んでいたので5回目を受けるか迷っていたようだが結局受けることにして、私の1週間後くらいに申し込んだら市立病院の予約が取れたといって私の翌日に接種を受けてきた。今回も発熱したが37度台で治まっただ。

 

市立病院は当初1週目と2週目だけ受付していて定員で締め切ったが、その後3周目と4週目の予約を開始したようだ。

 

2022年11月13日 (日)

ズワイガニ解禁

11月6日にいよいよズワイガニ漁が解禁になった。毎年解禁直後に買ってきて食べているが、今年は土曜日に買ってきた。ズワイガニは各地ブランド化されていて産地によって呼び名が異なる。一番有名なのは福井産の「越前ガニ」で、山陰地方では「松葉ガニ」と呼ばれている。県内産はオスは「加能ガニ」メスは「香箱ガニ」と呼ばれているが、昨年あたりから最高級ブランドが設定されてオスが「輝」メスが「輝姫」と呼ばれ、昨年は「輝」の初競りで500万円の値が付いたそうだ。

資源保護のためズワイガニの漁期は短く、加能ガニは来年3月20日まで、香箱ガニは今年の12月29日までとなっている。そのため我が家ではズワイガニを食べられるのは年に2~3回で、加能ガニは高いので香箱ガニを買っている。というか昔から県内では香箱ガニの方が人気があってよく食べられている。

昨日妻が香箱ガニを3杯買ってきた。加能ガニに比べて値段が安い香箱ガニだが、年々値段が上がっていてしかもサイズが小さくなっているようだ。妻は今年は高かったけど奮発して大きめのものを買ってきたと言っていた。1杯1980円で3杯買ったので6000円弱だったそうだ。そんなに高いのかと思ったが年1~2回のことだし2回目はもう少し安いのを買えばよいかと納得した。

Dsc_1185_20221114091001


妻は昼食後早速カニを茹でる準備にかかった。以前どこかでもらった「生カニの茹で方」の書かれたレシピを参考にしてカニを水洗いしたり大鍋や塩を準備し始めた。

Dsc_1187_20221113173801

大鍋に水をたっぷり入れて海水濃度に近くなるように塩を入れていよいよカニ3杯の投入だ。20分ほどで茹で上がり甲羅も足も赤くなった。茹でる作業はここまでで終了した。
Dsc_1190

Dsc_1192_20221113173801

 

夕方、夕食の準備で妻は茹で上がったカニを食べやすいように調理し始めた。甲羅から脚を切り落とし胴体や外子や内子カニみそなどを取り出し、胴体や脚は食べやすいように包丁を入れる。

Dsc_1194_20221113173801

Dsc_1195

 

夕食に調理され皿に盛りつけられた香箱ガニが出てきた。カニが出る食事はみんなが無口になる。これは家庭でも宴会などでも同じだ。カニの身をほじくり出す作業に夢中になってしまうからだ。

Dsc_1198

 

今年の香箱ガニはサイズも大きくてしっかりと食べがいがあった。内子と外子の触感が好きで、またチマチマと小さな身を掻き出して食べるのも好きで、昔から加能ガニよりも香箱ガニの方をよく食べる。旬のものを食べると少し高くても今年も食べられたという満足感が残る。今年は年内にもう1回食べられるかな。

 

 

2022年9月29日 (木)

町内の防災避難訓練

今週の日曜日町内の防災避難訓練が行われたので妻と参加してきた。毎年行われている避難訓練だがコロナ感染症の影響で中止となったこともあったが昨年からまた実施されている。

早朝に県内加賀地方を震源とする地震が発生したとの想定で朝6時半に防災無線放送があり避難を開始した。避難の準備をしているとスマホに地震速報が入ってきて能登で震度3の地震が実際に発生したようだ。
徒歩で一時避難場所に集合すると既に町内の人が100名ほど集合している。町内会長や防災士から非常食や水や薬など普段から災害に備えておくことが大切だとの話があった。また水が出ない場合のトイレの対策も大切だとのことで固化剤を使った自宅トイレの使い方の説明もあった。

Dsc_0000_burst20220925065123127_cover

 

最後に非常食のカップ麺とトイレの固化剤のパックが配られて解散となった。

Dsc_1089

 

最近は能登の先端で頻発地震が発生しているし、太平洋側での巨大地震の可能性も取りざたされている。地震ではないが台風も次々と日本にやってきて被害が発生している。8月4日の豪雨による小松市の梯川の氾濫被害もまだ記憶に新しい。

一時避難場所への集合も災害の種類によってはかえって危険な場合もあり、状況を見て自分で自分の命を守るという自助の意識が一番大切になるだろう。そのうえで周囲の人を助ける共助が大切になる。

この日は県が主導する防災訓練も川北町の手取川周辺で実施され、警察や消防関係など総員約7000名が参加して行われたが、行政による大規模な公助は避難・救助・復興のいずれのフェーズでも必要不可欠となる。

 

2022年9月24日 (土)

白萩に秋の風情

お彼岸も過ぎてあの暑かった夏が嘘のように涼しくなってきた。暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったものだ。台風14号通過後は一気に涼しくなったので、寝具はタオルケットから肌布団に変え、服は長袖のTシャツを引っ張り出して着るようになったが、今日は気温が少し戻ったのか長袖Tシャツは少し暑いので半袖をまた着ている。季節も気温も行きつ戻りつしながら少しずつ寒くなっていくようだ。


庭の白萩が涼しくなる前から咲きだしていたが、涼しくなってから風に揺れているのを見るとやっぱり秋の風情を感じてしまう。萩は古くから万葉集などにも歌われていて、秋の花の代表とされ白萩のほかに赤色の萩もあるが、春の花に比べるとそれほど華やかではなくしっとりとした落ち着いた雰囲気のある花だ。やはり秋に合う花なのだろう。
Dsc_1069   

Dsc_1066

Dsc_1067

 

先日の中秋の名月に月の写真を撮ったが、中秋の名月と萩とは相性がよさそうだ。
Dscn4281
Dscn4284

2022年9月20日 (火)

台風14号

数日前からテレビでは非常に大型で強い勢力の台風14号がやってくると盛んに報道されていた。経験したことのないような強風が吹き数十年に1回あるかないかの規模だとのことで大きな被害が予想されるので命を守る行動をとることが必要になるなどと言っていた。

台風のコースはどうなるのかと調べてみると沖縄の近くの海上を北上して九州上陸のあと大きく方向を変えて北東方向に進むようだ。進路予想の中心線を見ると石川県を直撃することになっている。昨日の午後1時の予想では石川県には20日の午前0時ころに最接近するとなっている。コース予想はほぼ直撃コースのままだ。

Dsc01765

 

そこで急遽、家の回りの風で飛びそうなもの片づけることにした。
まず鉢植えだが大きいものは重いので飛ばされることもないが、小さめのものは洗濯物干場に退避させた。窓の外に置いてある木の棚や植木鉢置台はコンクリートブロックを乗せて飛散防止をした。

Dsc01768 Dsc01769   

Dsc01770

 

玄関前に置いていた鉢植えは簡易温室に退避させ、簡易温室がひっくり返らないように内側にコンクリートブロックを重石替わりに入れた。植木鉢の置台は玄関内に避難させた。

Dsc01767 Dsc01766  

朝顔のネットは西側の面を撤去した。南風が予想されるので南面の雨戸も閉めることにした。
Dsc01772

Dsc01771  


準備万端の台風対策をしていたのだが昨日は夜になっても一向に台風の気配がしない。風はほとんどない状態で秋の虫の声が聞こえるくらい平穏だ。午後9時ころから雨が降り出したがそれほどの豪雨でもない。今日の午前0時が最接近のはずだが風はそれほど強くもなかった。朝起きても外は強風でかき回されたような状態ではなかった。

ちょっと拍子抜けのような感じで、退避させた鉢植えや飛散防止をしたものを元に戻したたがとりあえず一安心だ。台風の強い勢力も日本列島を縦断している間に徐々に弱くなってきたのだろう。

2022年9月 1日 (木)

稲刈りとサギの群れ

とうとう9月になってしまった。8月はお盆が真ん中にあるので他の月よりも早く過ぎてしまうように感じる。8月のお盆を過ぎると家の近くの田んぼではいよいよ稲刈りが始まる。

数日前に農道ウォーキングをしたら稲は穂を垂らすくらいに実っていて、2~3割の田んぼではもう稲刈りが済んでいた。稲刈りの済んだ田んぼは茶色っぽくなるので稲刈りの済んだ田んぼが増えると一気に秋が進んだような感じがする。
Dsc_1020

Dsc_1021

農道ウォーキングの途中にも何カ所か稲刈りをしている田んぼがあった。でも1カ所だけ稲刈り機の周囲にサギが集団で群がっている。数えてみると10羽以上いるようだ。稲刈り機が渦巻きを書くように稲を刈って行っているが、稲刈り機がサギの方に向かってきてもほとんど逃げることなく進路を避けるため数歩横によける程度の動きしかしない。

稲刈りをすると稲の中にいた虫が外に晒されることになり、これを狙ってサギがたむろしているのだろう。サギは体が大きいので目立つが、周囲にはツバメなどの小さな鳥もたくさんいて、何かの拍子に一斉に飛び立ったりしている。こちらも虫を狙っているのだろう。

Dsc_1023

Dsc_1025

 

春の田起こしの時にもトラックターの周囲にサギが群がっているのを見たことがあるが、あれは掘り起こされた土の中の蛙やミミズなどを狙っているのだろう。

 

 

2022年8月27日 (土)

空き地の桜の伐採

数日前家の近くで重機の大きな音がしているので外に出てみると、近くの空き地の整地作業が行われていた。この空き地には大きな桜の木があり毎年春に花を木全体に咲かせていて近くで花見ができるのが春の楽しみのひとつだったので、桜はどうなったのかと思い近づいてみるともう既に他の木とともに伐採されてしまった後だった。大きな幹や枝が短く切られて鉄製の大きな産業廃棄物回収箱に入れられていた。

その後桜などの植木の根も抜根されて空き地はきれいに整地された。

Dsc_1013

 

空き地が今後どうなるのか分からないが、アパートが建てられるのか分割して宅地として売られるのかどちらかだろう。それにしても毎日見てきたシンボルツリー的な木がなくなってしまったのは寂しい限りだ。


昔の写真がないか探していたら20年前と16年前の写真が出てきた。
2002年8月 夏なので花は咲いていない。この頃で樹齢は30~40年くらいだろうか。今は20年経過しているので樹齢50~60年くらいになっている。

Cimg0021

 

2006年4月 桜が満開になっている。まだ納屋などの建物もあり桜の枝は道路に覆い被さっている。その後覆いかぶさった枝は伐採され建物は取り壊されていた。

Cimg0790

今年の4月 8分咲きの桜
Dsc_0672

Dsc_0675

 

今の場所に家を新築して30年間いつも見慣れていた風景がガラッと変わって木の向こうの田んぼや高架道路まで見通せるようになった。元の所有者がなくなり県外の親戚が管理していたようだが最終的には不動産業者に売却されたようだ。これも時の流れということでやむを得ないのだろう。

漢詩に「年年歳歳花相似たり 歳歳年年人同じからず」というフレーズがあるが、長いスパンで見れば「人も花も同じからず」になるようだ。

 

2022年8月11日 (木)

大雨のち夕焼け

1週間前の8月4日は前日からの大雨が降り続いて小松市では梯川が氾濫するなど各地で大きな被害が出た。午後5時頃までは勢いが弱くなったとはいえ雨が降り続いていたのだが、夕方7時頃に家の外へ出てみると雨も上がって空も明るくなっていた。

雨がやっと止んだなあと空を見上げると、ちょうど日没時刻だったので西の空が赤くなっている。

Dsc_0976

 

家の周囲は建物などもあり夕焼けが良く見えないので農道の方へ歩いて行ってみると建物が途切れたところで西の空か全体が見渡せるようになったが、日没直後で西の空全体が夕焼けになっていてものすごくきれいだった。

カメラを持ってきてなかったのでスマホのカメラで写真を撮ったが、あの大雨の後同じ日にこんなきれいな夕焼けが見られるとは本当に神々しくて感動ものだった。
Dsc_0981
Dsc_0978

Dsc_0980

 

西の空だけでなく南北や東の空など空全体が夕焼けになっているのでパノラマ写真を撮りたかったのだが、スマホでのパノラマ写真撮影には不慣れでうまく出来なかったので、少しずつ角度をずらして普通の写真を撮ってみた。

 

2022年7月 3日 (日)

茅の輪くぐりと氷室饅頭

早いもので今年ももう半年が過ぎてしまい7月になってしまった。最近は町内の役員なども全部やめたので会合などで外出することもなくなり、コロナなどもあって家に籠ることが多くなった。

先日は町内放送で地元の神社で茅の輪くぐりを行っているという案内があったので出かけてきた。神社では6月末と12月末の年2回大祓の神事が行われる。大祓の神事とは半年間の穢れを祓い清め無病息災を願うもので、6月末日に行われるものは特に夏越の大祓(なごしのおおはらえ)と呼ばれていてこの神事に合わせて茅の輪くぐり行っている神社も多い。

地元神社も10年ほど前から氏子が茅の輪をつくり神社の参道に設置して、参拝者がくぐることで疫病退散や無病息災を願えるようにしている。

Dsc01361

 

私も作法に従って、8の字を書くように左・右・左と3回くぐって、最後に正面からくぐって拝殿の方へ進んだ。拝殿前では人形(ひとがた)に家族の名前を書いて息を掛け体をこすり穢れを移した後参拝をした。


7月1日は金沢では氷室の日といって饅頭を食べる風習がある。江戸時代加賀藩では冬の間に氷室に貯蔵していた雪を献上していたが道中の無事を願って麦饅頭を奉納していてその後無病息災を祈願して食べられていた風習が現代まで伝えられているとのことだ。我が家でも毎年7月1日に氷室饅頭を買ってきて食べている。今年も妻が和菓子屋さんで買ってきた。これで今年も無病息災で行きたいものだ。

Dsc_0895

 

庭の朝顔はまだまだ成長途中で小さいが昨日一番花が咲いた。本格的に咲きだすのは7月下旬からだと思うが蕾ができているのもあるので来週あたりから咲き始めるかもしれない。

Dsc_0893

より以前の記事一覧