無料ブログはココログ

チューリップ

2022年11月 7日 (月)

チューリップの球根の植え付け/2022

チューリップの球根の植え付けは、以前は11月中に行っていたのだがここ最近は12月上旬になることが多くなった。でも今年は冬の寒さがやって来るのが早そうなので、暖かい11月中に植え付けることにした。今年は11月になってからは穏やかな秋晴れの日が続いているし、外で作業するには日差しのある暖かい日の方が気持ちも良いので昨日の午前中に植え付けをした。


今年は、春に掘り出した球根は小粒のものが多く大粒のものが少なかった。保管してあった球根を取り出してみると腐って干からびて使えないものが全体の3割の70個ほどあり、使えるものは大粒40個中粒70個小粒は55個だったが、今年は小粒の球根は使わないつもりなので、実質使えるものは大粒と中粒の113個になった。

掘り出したときに今年は使える数が少ないと思ったので、追加購入する数を増やして10月にホームセンターで例年より少し多めの83個の球根を購入した。

Dsc_1165_20221107194301

Dsc_1161_20221107194301

 

プランタは10月中に朝顔で使った土をふるいにかけて根を取り除き、牛糞や腐葉土や化成肥料を混ぜてチューリップ用に準備しておいたので、プランタを全部並べて土の上に球根を並べてみて植える配置を決めた。

Dsc_1169

 

プランタ毎に球根の数や配置が決まったので、そのままの位置の真下に植えこんだ。球根が20個ほど余ったので急遽もう一つプランタを用意して植え付けた。全部でプランタ10個と鉢植え2個になった。写真はプランタ9つだがほかにもう1つプランタがある。

Dsc_1171_20221107194301

 

これで2月頃に芽が出て成長し3月下旬に初花が咲くはずだ。桜の満開の頃にチューリップも満開になるので楽しみだ。

 

2022年4月13日 (水)

チューリップ/2022

庭のチューリップが最盛期を迎えている。今年は他の花と同様に花の咲くのが遅く花のピークも少し後ろにズレ込んだようだ。また花の種類によって早い遅いがあったり、生育が悪くて花が遅れているものもある。

昨年花後に球根を掘り出して保管していたもののうち球根が小さめだったグループについては生育が悪いのはある程度しょうがないが、昨年新たに購入した球根で父母の墓に見って言って供えようとしていた植木鉢のものが全然花が咲かなくて困っている。今年はお墓用はなしにするしかないかな。

Dsc_0701

花が咲きだしたものから玄関前のアプローチに並べていたが、先日全部のプランタを1ケ所に集めて恒例の記念撮影をした。開花が遅れているプランタ3つと花の咲かない鉢植2つは外したのでボリューム的にはちょっと小規模になったが、みんな並んで ハイ!!チューリップで パシャッ!!

_4095303
_4095302
_4095295

_4095300

 

待ちに待ってようやくやってきた春だが、梅も桜もチューリップもあっという間にピークを迎え走り去ってゆく。これからもまだまだ八重桜などの春の花は次々と咲くが季節はすでに新芽の季節になろうとしている。

2022年3月10日 (木)

チューリップの芽も順調そうだ

昨年12月に植えたチューリップが2月上旬には土から芽が出始めていたが、最近は株も大きくなって葉が3枚4枚と増えてチューリップの形になってきた。植えた球根のほとんどはうまく育っているようだ。中には植えた球根が小さすぎて十分に成長できていないものもあるがとりあえず順調に成長しているようだ。
Dsc09970 Dsc09971  

これから暖かい日が続けば2週間もすると一番花が咲くかもしれない。プランタの縁に植えた球根の説明を書いたシールを貼ったはずだが冬の間に全部剥がれてなくなってしまっている。花が咲けばどんなのを植えたのかすぐ分かるしまあいいか。


梅の花の記事が続いているが、我が家の梅もたくさん咲き始めたがなんだか今年は花数や蕾の数が少ないようだ。木が上伸びすぎているので少し小さくするために昨年強めに剪定したのが効きすぎたのかもしれない。またWEBで選定の仕方を勉強しよう。
Dsc09980 Dsc09979  

 

 

2021年11月30日 (火)

チューリップの球根の植え付け/2021

チューリップの球根の植え付けは、ここ数年は12月に入ってからしていたので今年もそのつもりでいたのだが、天気予報によるとこれから1週間くらいは天候が崩れ雨の寒い日が続くようだ。そこで先日天候が良くて暖かい日に球根の植え付けをすることにした。

 プランタと土は朝顔の時の使い回しだが、1週間前にプランタ12個分の土をフルイにかけて古い根などを取り除いたり、新しい園芸用の土を追加したり、牛糞や化成肥料などを元肥として土に混ぜたりして植え付け用のプランタと土を準備しておいたものだ。

 球根は6月に掘り出したものと10月にホームセンターで新しく買ってきたものと全部で200個くらいになる。掘り出した球根は水洗いして乾燥して保管している間に腐ったり干からびたりして例年なら2割ほどがダメになるのだが、今年は3割くらいがダメになってしまったため想定より使える数が少なくなってしまった。多めに新規購入したのだが全体の個数は例年より少なくなったので、プランタを減らしたり小さいサイズのプランタにしたりした。

 例年通りまず球根を全部のプランタの土の上に置いてみて全体の数のバランスを見て見た。結果としては標準プランタ7つと小さいサイズのプランタ2つと植木鉢2つに植えることにした。

Dsc_0424

Dsc_0425_20211130232001

Dsc_0418

Dscpdc_0000_burst20211128135549375

 

最後は球根を置いた位置に縦に深い穴を掘り中に植えていく作業だ。穴をあけるときは置いた球根の位置にシャベルを縦に深く差し込んでそのまま横に引くと他の球根に影響を与えずに縦に深い穴が出来る。その穴に球根1個を植えて土を被せる。この作業を全部の球根対してすることになる。妻も手伝ってくれたので30分ほどで終了した。

Dsc_0421_20211130232101

 

球根は植える前からもうすでに芽を出しているものがいくつもある。外の物置に置いていたので夜の低温で発芽のスイッチが入ったようだ。3月初旬には土の上から芽が出始めて3月下旬頃には最初の花が咲きだすだろう。しばらくは土の中での成長になる。春にたくさん花を咲かせて欲しいものだ。

 

 

2021年6月 9日 (水)

チューリップの球根掘り出し

チューリップの球根を掘り出した。今年のチューリップは他の花と同じで例年より1週間ほど早く花が咲き、咲き終わるのも1週間ほど早かった。花の終ったあとは、球根を大きくするために花だけを摘んで茎や葉は残したまま日当たりの良い場所に置いて枯れるまで放っておくことにしている。

それでも我が家で日当たりの良い場所と言えば家の前面になり人目もあるので、枯れかかったチューリップのプランタをいくつも並べておくのはちょっと気が引けるのでなるべく物陰に置くようにした。花後のチューリップには例年肥料を参考にして週に1回くらいのペースで液肥を与えてみた。

先日例年と同じ頃にチューリップの球根を掘り出してみたら、いつもより球根が全体的に大きいような気がする。液肥の効果があったのかもしれない。
Dsc_1885

Dsc_1886

 

掘り出した球根をサイズによって使えるものと使えないものに分けてみると、どちらも200個余りあったが、使えないサイズの方は廃棄して、大きいサイズの方を更に大・中・小に分けた。
Dsc_1889

 

大・中・小に区分けした球根の数を数えてみると、大は25個、中は80個、小葉107個くらいあった。例年よりも数が少し多いようだ。乾燥保管中にいつも25%~30%が腐ったり干からびたりするので、今年は水洗いをした後、キッチン用の「除菌の出来る洗剤」を入れた水に30分ほど浸ける除菌をしてみた。効果があるかは分からないが少しぐらいは効き目があるだろう。


最後はネット袋に入れて物干し棹に吊るして乾燥中だ。

Dsc_1890

 

 

 

 

2021年4月 3日 (土)

プランタのチューリップも満開/2021

桜の満開を追っかけていたら、自宅の庭のプランタに植えたチューリップが満開になっていた。毎年4月の桜の時期に満開になるが、今年は桜に合わせて3月終わりごろから咲き始め、少し早めに満開になった。

昨年5月下旬に球根を掘り出して保管し、12月上旬に球根を植え付けたが、2月・3月で芽を出して葉が大きくなり3月後半には蕾が出来て花茎が伸びてきていた。昨年秋にはいろんな色の球根が入った混合タイプのものを2袋買い足して植えたのだが、花が咲いてみるとなんか赤色ばかりが多いようだ黄色とか紫色は数が少ない。やっぱり詰め合わせセットは良くないのかな。

毎年大半が咲いた頃を見計らって全部のプランタを一か所に集めて記念写真を撮っている。今年も無事たくさん咲いたところではいチーズでパチリ。
Dsc07886Dsc07890  
Dsc07884Dsc07897  
Dsc07888Dsc07887  

昨年は咲く時期が前半と後半に分かれてしまい記念撮影は全数が咲き揃わなかったが、今年はなんとか早いものと遅いものの花期の重なるタイミングが合った良かった。


チューリップの写真を撮っていると冬眠から目が覚めたアマガエルがプランタの横でうろうろしていた。

Dsc07901

2020年11月24日 (火)

チューリップの球根の植え付け/2020

先日チューリップの球根を植え付けた。例年紅葉が散る頃を見計らって植えることにしているので11月末から12月初旬の頃になるが、今年は12月頃から寒くなるとの天気予報もあったので、少し暖かいうちに植えてしまった。

今年は球根を掘り起こした時から使える球根の数が少ないなあと思っていたので、新しい球根を60球ほど購入した。でも掘り出した球根が保管中に2割ほどが腐ったり干からびたりしてしまい想定以上に数が減ったのでプランタを1つ減らそうかと思ったが、小さめの球根も植えることにして何とかプランタ10個と植木鉢2個分の数を確保できた。

新しく購入した球根62球

Dsc06891

大小の球根を取り混ぜて1つのプランタに20球植え付けることにして10個のプランタと2個の植木鉢の上に並べて見ているところ。この後置いた場所の真下に植え付けていっき、全部で210球ほど植え付けた。
Dsc06892Dsc06890  

 

全部植え付けたので、プラスチックの板にチューリップと書いてプランタに差し込んでおいた。なにも表示していないと、未使用のプランタと勘違いして別の用途に使ってしまうかもしれないからだ。あとはたっぷり水やりをして植え込み終了だ。

Dsc06895Dsc06894

球根自体は既に小さな芽が伸び始めているものもあり、1月の終わり頃には土から芽を出し始めるだろう。4月になればまたたくさん花を咲かせてくれるだろう。


 

2020年6月 2日 (火)

チューリップの球根の掘り出し

今年のチューリップは天候の影響か花期が前半と後半に分かれ、一番花盛りになる時期に花が少なくなり少々盛り上がりに欠けた。花後はプランタを人目に付かない日当たりの良い場所に置いていたが、葉もすっかりと枯れたので球根を掘り出すことにした。プランタ10個と植木鉢2個の土をスコップで降り起こしていくのは結構腰が疲れる。前かがみの姿勢を続けていると腰がだるくなるので時々立ち上がって腰を伸ばして作業を進めて何とか全部掘り出した。

球根は植えるときは大きくても1シーズン終わると親の球根が小さくなり、極小の子球根がたくさんできるがこんなのは植えても花も咲かないので廃棄するだけだ。今年もたくさん極小球根が出た。

Dscpdc_0001_burst20200527125447876

 

極小を取り除いた後は一応植えられる大きさの球根が残るが、これを更に大、中、小に分けて水洗いした。大が25個、中が120個、小が80個くらいだが保管中に2割くらいが腐ったり干からびたりしてしまう。今年は洗った後殺菌のためコロナで有名になった次亜塩素酸水に浸してみた。消毒の後網袋に入れて2袋ずつ結んで乾燥のため物干し棹に掛けた。

Dsc_1028

 

余談だが球根を掘り起こしている時に土の中から卵が出てきた。びっくりして妻に聞いたがそんなもの埋めるはずがないとのこと。ごもっともです。ネットで調べてみるとキジとかヤマドリが地面に卵を産んで土を掛けて隠すことがあるらしい。蛇の卵の可能性もあると書いてあったがいずれも家の近くでは見ない生き物だ。重さは60グラムありニワトリの卵と同じくらいだ。カラスが他の鳥の巣から盗んできて埋めたのかもしれない。それにしてもこの大きさの卵だと小鳥でもないだろうし小さな蛇でもなさそうだ。気味が悪いのでゴミ袋に入れて生ごみで出した。
Dsc_1033

2020年4月14日 (火)

チューリップ

今年のチューリップは例年と違う咲き方をするので戸惑ってしまった。まず咲き始めが早く一番花が3月中旬にはもう咲き始めたことだったが、その後に咲いたのは新しく購入した球根と昨年秋に掘り出した球根のうちの比較的大きいサイズの球根だった。一方で掘り出した球根の中でもやや小粒の物や購入した球根の一部は3月中旬ではまだ葉や茎などの本体が完全成長しきれておらず、例年よりも成長が遅れているくらいだった。

そのため例年なら早く咲くものと遅く咲くものでも咲く時期が重なる期間があるのだが、今年は前半と後半に花期が分断されて、早く咲いたものが花びらを散らす今頃にようやく成長の後れていたものが咲きだしてきている。

とりあえず前半のグループは4月頭に咲き揃ったので、4月4日に咲き揃ったチューリップの写真を撮った。
P4022196P3312052   
 
P4042411P4042418  

P4042420P4042419

 

前半に咲いてきたものはそろそろくたびれてきて終わりかけているが、成長の後れていたものはようやく最近ようやく蕾が膨らみ花も咲き始めた。毎年恒例の集合写真を撮ったが、いつもより花がまばらだ。
P4082546P4082554  
P4082550P4082553  

 

新型コロナ感染症については県内で100人を超える感染者数となり、県独自の緊急事態宣言が出された。県内の数か所でクラスターが発生しているようで、これまで集中していた金沢市内から市外への分散傾向もあり、いよいよ身近なところまで感染が広がっているようで怖い。

 

2019年11月25日 (月)

チューリップの球根植え付け/2019

先日チューリップの球根を植え付けた。6月に掘り出し水洗いして乾燥させ保管していた球根は、腐って干からびてしまったものが20個以上あった。乾燥の後保管する時も同数くらい干からびていたので全部で40~50個くらいがダメになったようだ。

水洗いや乾燥が不十分だったのだろうか、洗った後消毒液につけると良いらしいので来年は試してみようか。ダメになる分を見越して新しい球根も購入してあるが不良品の発生が予定よりも多かったので、プランタの数を減らさざるを得なくなってしまった。

保管しておいた球根はもう芽を出し始めている。外の物置に入れてあるので夜気温が下がって発芽のスイッチが入ったのだろう。チューリップの球根は一定の気温まで下がると発芽し出す性質があるようだ。確か8度だったと思うが。

Dsc04467  
 
土は朝顔に使った土をフルイに掛けて根などを取り除き、肥料や培養土などを入れて準備してあるので、植え付けはプランタの土の上に球根を並べてみることから始めた。
Dsc04461Dsc04464  

Dsc04466

 

仮置きしてみて数のバランスなどを見て少し置き換えたりして、後は配置した場所の真下に植え込む作業だ。シャベルを垂直に差し込んで手前に引き、出来た隙間に球根を埋めていく作業を球根の数分行った。中腰でやっていたので腰が痛くなり始めたが何とか終わったので、最後はたっぷりと水やりをして終了だ。
Dsc04469Dsc04470  

Dsc04471

順調にいけば1月下旬に土から芽が出始め3月に葉が伸びだし3月下旬から少しずつ花が咲くはずだ。

 

より以前の記事一覧