無料ブログはココログ

水彩画

2022年10月28日 (金)

水彩教室62

仕事を退職して9年になるが神社の氏子総代をしたり町内の役員をしたりで人と接することも多かったが、2年前にそんな役も辞めてからは家族以外の人と接する機会がめっきりと減ってしまった。そんな中で月1回の病院通いと月2回の水彩教室通いは外部の人と話したりする数少ない機会になっている。3~4年前は水彩教室も長く通ったのでそろそろ辞める頃合いかなと思ったこともあるが、最近はもう少し続けてみようかという気持ちになっている。

水彩画は教室と自宅で月に6枚くらいのペースで描いているが、なかなか思ったように描けず、10枚描いても気に入ったのは2枚くらいしかない。それでも以前描いた絵と比べてみると少しずつ上達いるかもしれない。

今回も2ヵ月ほどアップしていなかったので掲載枚数が増えてしまった。

教室で描いた絵4枚
Dsc01364 Dsc01762

Dsc01752

Dsc01518

 



 

自宅で描いた花の絵 6枚
Dsc01755
Dsc01525 Dsc01528  

Dsc01372 Dsc01528  

Dsc01757


木場潟の風景画 3枚
Dsc01366
Dsc01524
Dsc01760

2022年8月 2日 (火)

水彩教室61

今回の水彩画は、4月から6月の桜などたくさんの花が咲く季節から新緑の季節を経て初夏へと向かう時期に描いた絵になる。水彩画のブログへの掲載を春頃に1回怠ってしまい未掲載の絵が溜まったので前回掲載から1か月も経っていないが掲載することにした。

花の絵は何枚描いてもあまり気に入った作品にはならない。花はそれなりに描けても背景を塗るとぶち壊しになってしまうことが多い。花と背景を別々に描こうとするのが良くないようだ。先生の描くのを見ると花も背景も同時に描いている。

水彩教室で描いた絵 5枚
Dsc00830 Dsc01288 

Dsc00911 Dsc01289

Dsc01291

 

自宅で描いた花の絵  2枚
Dsc01293

Dsc01294

 

春に町内活性化活動をしている知人から、絵画展をするが町内を横断する道路の沿線の風景を何枚か描いてくれないかという依頼があり引き受けた。横断道路が拡幅整備されて沿線の風景が様変わりしたことから、以前に描かれた絵と対比して展示するという企画のようだ。

町内活性化活動の絵画展用に描いた風景画  3枚

Dsc00821

Dsc00826

Dsc00829

 

桜から新緑にかけて描いた風景画で主に木場潟の景色になる。風景画は気に入った作品が描けることが多い。構図も自分で決められるし、明るい光の中の風景は気持ちよく描ける。

風景画   6枚
Dsc00818
Dsc00837
Dsc00913
Dsc00915
Dsc01296
Dsc01300

 

 

2022年7月10日 (日)

水彩教室60

水彩画の作品のブログへの掲載をしばらく怠けていたら未掲載作品がかなりたまってしまった。掲載は怠けていても描くのは結構コンスタントに描いているので未掲載作品がたまる一方だ。

前回掲載が3月12日だったのでもう4か月も経っている。本来なら5月頃に一度掲載していればよかったのだが。今回は4か月振りの掲載になるが、作品は2月頃に描いたものなので冬の花や雪景色の風景などになり今の季節とはややずれてしまっている。

水彩画教室で描いた絵 5枚
Dsc00061 Dsc00063  
Dsc00427 Dsc09950  

Dsc09953

 

自宅で描いた花の絵 3枚

Dsc00068

Dsc09955 Dsc09954  

 

風景画 6枚

Dsc00072

Dsc09960

Dsc09958
Dsc09952

Dsc00430

Dsc00070

2022年3月12日 (土)

水彩教室59

今回は秋から冬にかけて描いた絵になる。ちょうど庭の花などが少なくなってしまう時期なので、教室で描く絵のモチーフは庭から調達した花もあるが花屋さんで買った花も半分くらいある。また家で描く絵は木場潟の風景画が多くなってしまう。初秋から初冬にかけての風景画になるが、紅葉がきれいな季節になるので絵のテーマとしても描きやすい。


教室で描いた絵 4枚
トルコキキョウ      
Dsc09516

 

シランとシュウメイギク

Dsc09689

 

山茶花 

Dsc09694

 

雪をかぶった山茶花

Dsc09946

 

家で描いた絵 2枚
カリンと柿と瓶        
Dsc09692

 

鉢植えのガーベラ

Dsc09948  


木場潟の風景画  6枚
風景画も最近は木場潟の景色ばかりで、それ以外のところへはいかに外出をしていないかということだろう。木場潟の景色も季節ごとに変化していろんな表情を見せてくれるし、見る角度や方向を変えると別の景色が見えたりする。周回路をいつも反時計周りに回っているが、時々振り返って歩いてきた方を見てみると見たことのない景色が見えたりする。絵にする題材はまだまだあるということだ。
Dsc09506

Dsc09508  
 

Dsc09509

Dsc09696_20220308212301
Dsc09957

Dsc09699  

 

水彩教室の生徒はここ2年で何人かが辞めて行き、何人かの新しい人が入っ来ている。人数はあまり変わらないが、メンバーは替わり2番目に古くなってしまった。だいぶ長く通ったしそろそろやめるべきかなと思うこともあるが、教室に通うことが絵を描くモチベーションになって絵を描き続けているが、辞めたら絵も描かなくなってしまうかもしれない。それも寂しい話だしもうしばらく続けてみようか。

 

2022年1月 7日 (金)

水彩教室58

水彩画のブログへのアップは2ヶ月に1回くらいのぺースでしていたが、前回は8月にアップしたので4ヶ月が過ぎていしまっている。本来は10月頃に1度アップするはずのものがパスされてしまったようだ。そこで今回はパスしたものも含めてアップすることにした。6月以降に描いたものなので季節感的には半年遅れのものもある。


水彩教室で描いた絵 6枚

オニユリ                                           ホオズキ(鬼灯)とゴーヤ
Dsc08867     Dsc08994

ヒマワリ                                            ユリ
Dsc08992     Dsc09183

  

フヨウ                                               シュウメイギクとベニアオイの実
Dsc09501     Dsc09503

  


自宅で描いた絵 6枚

アガパンサス                                              ヒマワリ
Dsc08868Dsc08886

 

名前は不明 キク?                               ホオヅキ
Dsc08996      Dsc08999

 

朝顔                                                         コスモス
Dsc09179Dsc09182

 

木場潟の風景画 2枚
Dsc08883Dsc09177

 

薄く描いてみたり濃く描いてみたりしている、なかなか思ったようには描けない。筆を入れすぎると画面が汚くなってしまう。先生の絵は筆のタッチ1つ1つが絵になっているが、自分の絵を見ると筆のタッチもきれいでなくてタッチ自体が多すぎる。形は捉えられるようになったが、色彩や筆遣いはまだまだよく分らない。

 

2021年8月31日 (火)

水彩教室57

コロナは感染力の強いデルタ株が感染拡大していて、全国的に第5波となっていて都会では医療体制も大変なことになっている。石川県内ではここ数日はようやく小康状態で感染者数が少し減少しているようにも見える。でも学校が始まるとまた増加に転じるのかもしれない。

8月は自粛も含めて家に籠ることが多かったが、水彩教室は月2回何とか休講にならず継続されているので出席してきた。教室は消毒薬も準備されているし、生徒は数名だし、十分なディスタンスも取っているし、大声で話すわけでもないので大丈夫かなと思っているが、県内でもっと感染が拡大したら休むことも考えなければならないかもしれない。

教室で描いた絵  5枚

母の日のカーネーションを描いた絵とアルストロメリアを描いた絵
Dsc08391 Dsc08520

 

百日草を描いた絵と桔梗を描いた絵
Dsc08756 Dsc08863  

木場潟の花菖蒲園の花菖蒲を描いた絵

Dsc08754

自宅で描いた絵 3枚
他の生徒さんが持ってきたモチーフを写真に撮って自宅で描いた。
赤紫色のカラーの絵と紫色のホタルブクロの絵
Dsc08522 Dsc08524  

この花は調べたが名前がよく分らない画像検索してみると「ウスベニアオイ」と出るが、花びらの筋はよく似ているが花びらの形状が違うようだ

Dsc08752

 

風景画  2枚
春の桜の時期には良く訪れている小松市の十二ヶ滝だが、新緑の頃は周りの様子が少し違う。滝の水量も多いようだ。

Dsc08747

 

青い白山をバックにした新緑の木場潟。このアングルが好きで季節を替えて何枚か描いている。
Dsc08750

 

 

2021年7月13日 (火)

水彩教室56

今回の水彩画は3月から5月の間の作品なので春の花や桜から新緑の風景画になっている。

教室で描いた絵 3枚

プリムラオポチュニカの鉢植えで、切り花と違って次々と春らしい花が咲くのでコスパは最高だ。
Dsc07271    

桜の咲いた枝が花屋さんにあったので買ってきて描いてみた。花の色が薄いのでバックの色をどうするか悩んでしまった。

Dsc08203

 

木場潟の船小屋のある岸辺の八重桜は青空の下でピンクが映えてきれいだった。
Dsc08211      

家で描いた絵 4枚

こちらのプリムラオポチュニカは花が教室で描いたのと同じだが、次々と咲き続けるので家でもう一度描いてみた。

Dsc07274

ガーベラは教室用に買ったのだが別の花を持って行ったので家で描いた。
Dsc08205    

庭の椿がきれいに咲いていたので切り取ってきて一輪挿しに挿して描いたもの。

Dsc08207

静物画は先生が教室で手持ちのモチーフや道具を並べたので写真に撮って描いてみた。
Dsc08386  


風景画  4枚

木場潟公園の桜並木 家族連れがのんびりと歩きながら花見をしていたので写真に撮って描いてみた。

Dsc08210

桜が終わり新緑が出始めた葦原は葦が野焼きされて黒くなっているが白山はまだ真っ白で季節が変わろうとしている。
Dsc08382  


風景画はだいたい写真に撮って後で家で描くことが多いが、これは現地で写生したもの。

Dsc08384

白山市の公園の藤棚とツツジの風景。
Dsc08388

 

 

 

 

2021年5月21日 (金)

水彩教室55

3月以降県内のコロナ感染者数が急増していている。水彩画の教室は今のところ休みになることもなく毎回開講されている。昨年はコロナ感染が広がり出した頃に1ケ月間休講となったが、今年は3密回避、ディスタンス確保、マスク着用、手指の消毒などの予防対策がされているし、元々水彩画教室では大声を出したりお酒を飲んだりするわけではないし、生徒数は数名なので密でもないので学校などと同程度の扱いになるのだろう。

ブログへの掲載は1月が最後だったのでそろそろ掲載することにした。
今回は1月から3月頃にかけて描いた絵なので、庭の花はない時期でほとんどが花屋さんで買ってきた花になる。風景画もない。

教室で描いた絵 5枚

バラ   
Dsc07258
    

スイートピー

Dsc07280

キンギョソウ

Dsc08202

紫色のシクラメン  小椋佳の「シクラメンのかほり」の3番目の歌詞に「うす紫のシクラメンほど・・・」とあるが当時は世の中に紫色のシクラメンはなかったそうで、この歌の後に品種改良で作られたそうだ。ちなみにシクラメンの花は無臭だそうだ。
Dsc07260
 

アンスリューム  昨年購入したアンスリュームは冬を無事越えて花を咲かせた。

Dsc07479

 

自宅で描いた絵  4枚

バラ
Dsc07262
 


スイセン   白い花は背景を濃くしないと花が浮き上がってこないので難しい。背景を濃く塗るとムラが出てしまう。

Dsc07485

ガーベラ
Dsc07482
     


ポピー
Dsc07487
     

 

2021年1月15日 (金)

水彩教室54

水彩画の教室に通い始めて早いもので6年経った。そろそろやめようかなと思ったこともあるが今もなんとなく続けている。枚数はたくさん描いているが思った通り掛けているわけでもないし、教室に行っても手取り足取り教えてもらえるわけでもなく、教室で描いた作品や自宅で描いた作品を先生に見てもらって講評してもらっているだけなので、もういいかなと思ったりもする。それでも教室を辞めてしまったら全く書かなくなってしまうかもしれない。月2回教室に通うことが水彩画を描くモチベーションにもなっているのでもう少し続けて見ようかな。


教室で描いた絵  3枚
教室に持っていく花は、季節的に庭や空き地に花がない時期なので花屋さんで買って持って行っている。水彩教室に持って行った後は自宅に飾っているので、最近はいつも家の中に花があるようになった。

カーネーションとガーベラ   薔薇とアルストロメリア
Dsc07058          Dsc07060     

Dsc06927

 

先生が持ってきたモチーフを写真に写して自宅で描いた絵 2枚
ビンと篭に入ったカリンと柿    コスモス

Dsc06928       Dsc07062   


家で描いた風景画  8枚
ヒマワリ畑 1枚

Dsc07065

那谷寺の紅葉3枚
Dsc06925

Dsc06931Dsc07071  


木場潟の風景 4枚
Dsc07067Dsc07069  
Dsc07073Dsc07063

 

 

 

2020年11月28日 (土)

水彩教室53


今回の水彩画は季節が秋だったので、題材も秋に関するものが多くなった。コロナは全国的には第3波が来て拡大しているが、石川県はこの秋は比較的感染者も少なくてちょっと小康状態が続いていたので、風景画については題材を求めて近場をて歩いた。風景画と言ってもその場にとどまって写生するわけではなく、よさそうな風景の所で写真を撮ってきて家で描いている。

 

教室で描いた絵 4枚
秋は落ち着いた花がいろいろとあるので描いた絵もちょっと落ち着いた雰囲気になるようだ。ガーベラと彼岸花。彼岸花は河川敷に咲いていたものを切り取ってきたものだが、外に咲いている雰囲気で描いてみた。
Dsc06529       Dsc06531   

青と白の桔梗 と コスモス
Dsc06686Dsc06691  

 

家で描いた絵 2枚
夏の名残りの朝顔 と 秋の果物
Dsc06533Dsc06536  

 

風景画 5枚
風景画は紅葉真っ盛りの絵も描いたが枚数の関係で次回に乗せることにした。そのため夏の風景画とコスモスの盛りと紅葉の走りの風景画になってしまった。
 
Dsc06530Dsc06690  

Dsc06535Dsc06688

Dsc06932

 

 

より以前の記事一覧